バイナリーオプション会社ランキングサイト
バイナリーオプション会社ランキングサイト

バイナリーオプション会社を攻略しやすい順にランキングで比較

バイナリーオプション会社の中で、攻略しやすいサービスを展開している会社をランキング別で発表しています。ランキング結果に関しては、私の個人的見解を中心に公表している為、参考程度にご覧になって頂ければ幸いです。
何をもって攻略しやすいと判断しているのかに関しては、利益を出す為に配布されているツールや、取引方法を採用しているサービスを中心に、ランキング結果にまとめています。バイナリーオプションを攻略したい方は下記のランキング結果をチェックしてみましょう

第1位ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
初回入金5,000円
取引金額1,000円
最大ペイアウト率200%

ハイローオーストラリアで攻略方法を見つける際は、やはり転売機能を利用するべきです。転売機能は、利益率的には、かなり低い利益率となりますが、通常のハイロー取引よりも、数倍の的中率を誇り、自分自身のタイミングで決済できる取引は、いかなる場面で活躍してくれます

第2位ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)
初回入金10,000円
取引金額100円
最大ペイアウト率200%

ザ・バイナリー(THEバイナリー)は『誰でも取引がし易い環境』を心がけている業者である為、取引画面の使いやすさから、ローリスクで取引が出来る事等、初心者でも稼いでいける様な多くの配慮が多く見受けられます。攻略法を学んで使っていけば、他よりもかなり稼げる事でしょう。

第3位スマートオプション
スマートオプション
初回入金10,000円
取引金額500円
最大ペイアウト率195%

スマートオプションを利用する際は、是非iフォローを利用してほしい。成績の良いトレーダーをフォローする事で、そのトレーダーと同じ取引を自動で行ってくれる事で、初心者でも高い的中率を期待できる取引!!初心者が稼ぐ為の攻略法とも言われています

第4位オプションビット
オプションビット
初回入金25,000円
取引金額500円
最大ペイアウト率190%

オプションビットを利用する際に使って頂きたいのが無料の取引予想ツールであるアルゴビット。こちらの機能は過去の為替相場の動きを記憶し、取引前に、過去の相場と照らし合わせ、投資するポジションを指示してくれます。アルゴビットの的中率は高いと評価されているので攻略方にはもってこい

第5位Yバイナリー
Yバイナリー
初回入金20,000円
取引金額1,000円
最大ペイアウト率500%

Yバイナリーには、ペイアウト率を調整しながら、取引のハードルを下げるマックストレード。更に、取引の途中で決済が出来るクローズ機能が搭載されているサービスです。バイナリーオプションを攻略する為の取引方法が充実している会社となります

第6位SpeedOption(スピードオプション)
SpeedOption(スピードオプション)
初回入金20,000円
取引金額500円
最大ペイアウト率短期取引200%固定

SpeedOption(スピードオプション)は、現在新規口座開設者が殺到中です。他バイナリーオプション業者より見やすくデザインした取引画面ではすでに存在している攻略法がさらに使いやすくなり、またSpeedOption(スピードオプション)ユニークの攻略法も期待できるので第6位にさせていただきました。

バイナリーオプションを攻略するには

バイナリーオプションを攻略するには、何事も豊富な経験を積む事が大切です。様々な相場にチャレンジし、自分が予想しやすい相場の流れを身に着けていく事が、バイナリーオプションでの一番の攻略方。自分なりの投資ポイントを見つけてしまえば、その相場の流れが来た際に投資する癖がつき、無駄な出費を抑えながら、利益のみを期待できる取引回数が増える。
そうなれば、自ずと、バイナリーオプションでの利益は増えていき、気づけば、サラリーマンの給料分くらいは、簡単に稼げるトレーダーに成り上る事も余裕でしょう。

バイナリーオプションの攻略はタイミングも重要

バイナリーオプションの攻略方は取引を行うタイミングを見計らう事も重要です。
バイナリーオプションは、経済の動向などをチェックしながら日々取引を行うFXトレーダーの動向に左右されますので、日々の経済の動向などを同じ様にチェックし、相場が大きく動くタイミングを狙って、バイナリーオプションで取引をする事で、利益を立て続けに生む事が可能。
バイナリーオプションの攻略法は投資するタイミングは非常に重要になってくるので、為替相場の値動きに、より敏感になり、投資するタイミングがずれない様に上手く注文を入れましょう。そうすれば、自分の思い描く値動きと共に、利益を、上手く生み出す事が可能になってきます

サブコンテンツ