バイナリーオプション会社ランキングサイト
バイナリーオプション会社ランキングサイト

忍びsystemの製作者やロジックは?バイナリーオプションで使えるのか徹底調査

忍びsystemの製作者やロジックは?

勝ちたい気持ちが強いトレーダーほど、手間なく稼ぐ方法がないものかとツール沼にハマってしまう可能性が高いです。

でもバイナリーオプションのツールの多くは悪質な偽物…。

本当に使えるツールもあるのですが少ないです。そんな中で今広告や口コミをよく見かける忍びsystemについて徹底調査しました。

販売会社や製作者・ロジックがどうなっているのかなど、気になる部分をクリアにしていきます。

ただ、あくまでも怪しいツールではないのかを調査し見解を示したもので、忍びsystemを強く勧めたり否定するものではありません。

男性

最終的には自己判断になるので、情報を参考によく考えてみてください。

忍びsystemってどんなバイナリーオプションツール?

忍びsystemとは

バイナリーオプションで使うツールとして販売されている「忍びsystem」は、チャート上にサインを出してエントリーポイントを知らせるシグナルツールです。

最近多くなっている自動売買ではありませんでした。

・初心者でも安心
・シグナルに従うだけで勝率80%以上
・1日30分で100万円稼げる
・日給5万円
・10日で100万円達成

夢のような言葉が並んでいますが、あまりにもいいことばかり書かれていると疑ってしまうのが正直なところです。

特に勝率80%以上となるとプロでも難しいレベルになっています。

アピールが大げさだというだけで怪しさを感じてしまうので、次に忍びsystemにはどんな特徴があるのかを見ていきましょう。

  1. ローソク足に矢印が出たら次の足で同じ方向にエントリーするだけ
  2. 3種類のロジックをクリックで切り替えて状況に応じて使える
  3. 期間を設定してロジックの勝率を表示させることができる
  4. 勝率◯%以上と条件を設定するとポイントがきたらアラートが鳴る

以上が忍びsystemの強み・特徴として紹介されています。

5分足で初心者向けであることも強くおすすめされている忍びsystemのより詳しい特徴については、動画で説明されているので気になったら見てみてください。

丁寧に解説されているので公式サイトの印象と違って分かりやすかったです。

男性

忍びsystemをどんな風に使うのか、どんな特徴があるのかは理解できましたね!

忍びsystemの販売価格

バイナリーオプションのツールの販売価格はピンきりです。

忍びsystemが安いのか高いのか販売価格を調べてみると、時期によって変わっているので固定されていないことが分かりました。

現在価格 120,000円
2018年5月以前 100,000円
2019年10月 無料(3名)
2019年8月 1ヶ月無料(10名)
定価 298,000円

今すぐに忍びsystemをバイナリーオプションの取引に導入するのであれば、12万円で購入することになります。

定価が約30万円なので12万円となると安く感じますね。

でも2019年はキャンペーンが多く、無料でプレゼントされていたり、1ヶ月無料体験ができたりとお得に使えていたようです。

ただ、2020年はキャンペーンはありませんでした。

2021年にまた無料プレゼントがあるかと言われると、可能性は低いかもしれません。

男性

高額ツールですが、他にも同じくらいの金額設定のツールはたくさんあるので判断が難しいですね。

半額以下で買えることにつられてしまう人もいるみたいです。

販売を行っている会社の詳細情報

販売会社の会社概要は不透明

バイナリーオプションのツールとして忍びsystemを販売している会社の詳細情報です。

会社名 株式会社ネクサス
販売責任者 上野悟
所在地 東京都豊島区池袋3-34-7 ビジネスパーク池袋 2階
連絡先 support@binary-option-jpn.com
公式HP 忍びsystem

まず最初に気になったのは株式会社ネクサスで検索をかけても、それらしき会社がヒットしないことです。

次に代表取締役の名前が公開されていないこと、連絡先がメールアドレスしかないこともおかしいなと感じる要因となっています。

住所はちゃんと載せてると思ったらそこまた裏がありました。

東京都豊島区池袋3-34-7 ビジネスパーク池袋2Fの住所で検索をしてみると、同じ住所の会社がたくさん出てきたのです。

同じ住所の悪徳業者

競馬予想サイト関東財務局の警告ページまで表示されます。

この住所はいわゆるバーチャルオフィスです。実際に入居しなくても、会社の住所として使うことができるようになっています。

バーチャルオフィスがすべて怪しいとは言い切れません。

でもバイナリーオプションの悪質なツールを販売する業者に多い手段なので、忍びsystemも同じなのかと疑ってしまう要素にはなっています。

開発者は「佐々木むねちか」なのか?

開発者は不明

忍びsystemのyoutubeチャンネルをご紹介した時、投稿者はバイナリーオプションの佐々木と自己紹介をしていたはずです。

公式サイトでは忍びsystemの開発者については公表されていません。

でもyoutubeの自己紹介文に開発者について少し触れられている部分を見つけました。

僕らが開発している忍システムの紹介もしていますが
これは欲しい人だけ買ってください。
無理に買う必要はありません。

佐々木さんが単独で開発している訳ではないようですが、複数人でチームを組んで忍びsystemは開発されているようです。

Twitterのアカウントもありましたが、規約違反により停止されています。

Instagramのアカウントは停止されることもなく生きていますが、バイナリーオプションや忍びsystemには無関係のようです。

佐々木むねちかさんの本業なのか、運送会社のようなアカウントが出てきます。

プロフィール欄に貼り付けてあるURLをクリックすると、株式会社BLUE OCEANという運送会社のホームページに飛ばされました。

会社名 Blue Ocean
設立 2016年12月5日
代表取締役 竹内 翔
資本金 500万
所在地 〒106-0045
東京都港区麻布十番1-5-10 アトラスビル
電話番号 03-6869-0260
事業内容 貨物軽自動車運送事業
インターネットによる通信販売(Eコマース事業)
広告代理店業
主要取引先 アマゾンジャパン合同会社
ヤフー株式会社
マッチングワールド株式会社
ASKUL
ヤマト運輸(株)
日本郵便(株)
佐川急便(株)
三菱UFJ銀行

自動車運送業の他にも通信販売や広告代理店もやっているので、忍びsystemの大本の販売者ではない可能性が高いです。

株式会社ネクサスとの関係については、情報がありませんでした。

はたけさんも忍びsystemに触れている

youtubeでおなじみ、FXやバイナリーオプションと幅広い投資に詳しいはたけさんも忍びsystemについて自信のはたけTVで触れています。

なんとHTKプレミアムツールのベースは忍びsystemだそうです。

ツールのいいところを取り上げているだけじゃなく、金額が高いことやアップデートがないことなどデメリットも書かれています。

最終的にはバイナリーオプションのツールとして優秀とまとめられているので、はたけさんと忍びsystemには関わりがあるという噂もあるくらいです。

宣伝料とか紹介報酬があるのかもしれませんね!

男性

はたけさんはネームバリューがあるからね。

バイナリーオプションツール「忍びsystem極」との違い

忍びsystemには「忍びsystem極」というツールもあります。

現在忍びsystemと忍びsystem極のセット販売が行われていて、まとめて購入することで料金が安くなるというメリットがあるようです。

同時に購入することで4万円の割引になるのですが、それでも19万8千円と高額でした。

忍びsystem・忍びsystem極をセット販売するということは、2つのツールには違いがありバイナリーオプションの取引に別方向からアプローチできるようです。

忍びsystem 忍びsystem極
ロジック 3つ 5つ
時間足 5分足 1分足
特徴 ・裁量がいらない
・3つの違うロジックが常に出る
・幅広いチャートに対応
・裁量がいらない
・ラインが自動で引ける
・細かい勝率データが出る

忍びsystemはゴールド以外の通貨ペアには使えるのですが、忍びsystem極は6種類にしか対応していない違いがあるようです。

要するに使い分けをしてくださいという風に受け取れます。

ただ、youtubeではどちらかだけを購入したいけど迷っているというなら、忍びsystemをおすすめすると言っていました。

忍びsystem極は1分で取引をすることになり時間が短いです。

エントリー間隔が短いことでミスエントリーをしてしまう可能性も高くなってしまっているので、迷ったら忍びsystemと言われています。

忍びsystemの評判

販売HP以外からの情報が少なく、バイナリーオプションで使えるのか使えないのか判断するのは難しいことです。

そこで実際に購入して取引をしたトレーダーからの評判を探してみました。

基本的にバイナリーオプションのツールはInstagramやTwitterで口コミが投稿されているのですが、忍びsystemはほぼないのです。

佐々木むねちかや株式会社ネクサスに関するツイートは見つかりました。

ツイートされている竹内翔という方は、忍びsystem販売の佐々木むねちかの勤務先のBLUE OCEANの代表取締役でした。

実際にツールを使ってみて取引結果がどうだったかなどの口コミが知りたいのですが、なかなか出てきません。

本当に購入した人はいるのか不思議に思うくらいです。

でも逆を言うと何年も長い期間忍びsystemを販売してきているのに、SNSなどに悪い口コミがないということは使えるツールなのでしょうか。

情報量が少なく、安心して購入できるレベルではありませんでした。

たくさんの人が購入したと宣伝されているのに口コミがないなんて…

男性

そこもまた腑に落ちない部分ですね!

いいツールと断言できない理由

いいツールと言い切れない理由

ここまで忍びsystemについて詳細を見てきたので、ここが怪しいとすでに気づいている人も多いはずです。

でも復習の意味でいいツールと断言できない理由をチェックしていきましょう。

①デザインの違う忍びsystemのHPが複数ある
②忍びsystem自体の価格がとても高い
③ロジックやバックテストが公開されていない
④長年販売されているのに赤文字で販売終了までのカウントダウンが表示されている
⑤何度もLINE@への誘導が表示される
⑥会社概要が不透明で安全な会社なのか判断ができない
⑦利用しているバーチャルオフィスが悪徳業者が多く使っている住所である
⑧動画はあっても編集ができるので信憑性が低い
⑨XMやハイローオーストラリアの口座開設を促される(アフィリエイト目的?)

個人的には他にも裁量なしとは書かれていても、3つのロジックを切り替えて取引をする必要があるので裁量取引になるのでは?と矛盾を感じています。

バイナリーオプションとは関係ないのですが、販売方法が異なる忍びシステムも見つけました。

林檎兄さんという方が公開しているFXの自動売買ツールなのですが、同じ忍びシステムという名前で販売されています。

ただこのツールは成功報酬型です。

無料で利用ができて、利益が出せた場合にしか料金が発生しないのでそれだけの自信があるツールなのか評判になっていました。

バイナリーオプションの忍びsystemは最初に高額費用がかかります。

個人の見解でいいか・悪いかを断言することはできませんが、引っかかる部分が1つでもあるなら解消するまで調べてみた方がいいと思います。

バイナリーオプションの忍びsystemに関するまとめ

どうしても悪質なツールはロジックを隠す・金額や勝率が高いという特徴があるので、忍びsystemも疑ってしまう人が多いようです。

個人的にもまだ疑問や不安点が残ったままになっています。

ただもうこれ以上は詳細情報がないので、忍びsystemをバイナリーオプションの取引に導入すべきかという答えを出すことはできませんでした。

現時点では利用は見送って様子を見るほうがよさそうです。

バイナリーオプションでは安全と分かっているツールを使いましょう!

ランキングに登場するBO会社はコチラ
バイナリーオプションのランキングに登場するおすすめ会社一覧

当サイトで、登場するバイナリーオプションおすすめ会社についての軽い詳細情報をまとめているページになります。各会社の情報を一括でご覧頂く事が可能となっているので、各バイナリーオプション会社のサービスを見たい方はコチラのページを参考にして下さい

バイナリーオプションランキング結果比較
バイナリーオプションのランキングに登場する会社比較

バイナリーオプション会社の情報を各ランキング別で比較できるページを用意しております。皆様が求める条件で、一番環境の良いサービス提供しているバイナリーオプション会社をしっかりと比較して、これから皆様が利用したいと考える会社をい選んでみて下さい

バイナリーオプションのデモトレードを実践
バイナリーオプションのデモに関して

バイナリーオプションのサービスを、一度体験してみたいという方は、一度、デモトレードを提供している会社で、バイナリーオプションのサービスを実践してみてはいかがでしょうか?デモトレードをお考えの方に関して、おすすめのサービス情報を次にページで紹介していますので是非、ご覧下さい

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ