バイナリーオプション会社ランキングサイト
バイナリーオプション会社ランキングサイト

FXとは?初心者にも分かりやすく基礎から解説

FXとは

2021年保守的な日本人の投資人口がついに40%を超えました。

FXに関しては国内FXの口座だけでも600万~700万はあると言われているので、海外FX利用者を合わせるとすごい数になります。

人気が高いのは少額資金で取引ができるので初心者にも選ばれているからです。

大きな利益を狙うことも小さな利益を積み重ねることもできるので、投資に興味があるならFXについて勉強してみてください。

インスタでもNISAやETFなど色々な投稿を見かけるようになりましたね。

男性

主婦や独身女性でもFXやバイナリーを始める人も多いようです。

当記事で分かること
  • ・FXとはどんな投資なのか
  • ・FXで利益をあげる方法
  • ・メリットとデメリット

FXとは

FXとは

Foreign Exchangeを略してFXと呼ばれています。

日本語でいうと外国為替証拠金取引です。外為(がいため)と呼ぶ人もいますが、どちらもFXのことで指すものは変わりません。

不動産や商品などのように物を取引するのではなく、交換レートで取引をします。

「外国為替」は字の通り外国のお金のことです。「証拠金取引」という言葉は普段は使わないのであまり聞き慣れないかもしれません。

手持ちのお金を担保にして取引を行う方法のことで、担保金以上の取引をすることができます。

簡単に言うとFXは証拠金取引を利用し、2カ国間の通貨を売買することで利益をあげる投資です。

男性

要するに通貨の売買時に発生した差額で利益を狙います。

通貨と通貨の交換レートで取引をするんですね!

FXは旅行の両替でで考えると簡単

FXとは簡単にいうとお金の両替をすることです。
例として、Aさんがアメリカへ旅行へ行く時のことを考えてみましょう。

FXを両替で考える

アメリカの通貨はドルなので円を両替しなければいけません。

出発時の交換レートが1ドル100円だったので10万円にして持ち出しましたが、予備費だった為使わずに帰国したとします。

円に両替をしようとするとレートが1ドル110円になっていました。

よって11万円に両替ができたのでレートが上がったことでAさんは1万円の得をした計算になるのは理解できるはずです。

このようにレートの価格差で利益を出すのがFXです。

FXでは稼ぐ方法が2パターンある

FXで稼ぐには2つの方法があります。

利益をあげる方法
  • ①売買差益
  • ②スワップポイントを得る

米ドルと円のレートを例にして詳しくみてみましょう。

売買差益
1つ目が売買差益で利益を得る方法です。(キャピタルゲインと呼んだりもする)
売買差益には「安く買って高く売る方法」と「高く買って安く売る方法」があります。

キャピタルゲイン

購入価格よりもレートが下がってしまうと元金より安くなってしまいます。

「安く買って高く売る」

これは株の売買と同じで、安いレートで米ドル購入して高いレートで米ドル売ることで利益を得る方法です。

(例) 1ドル=100円の時に100円で1ドルを買いました。
1ドル=110円になった時、買っていた1ドルを売りました。
1ドルが110円になったので10円の利益が出ました。

「高く売って安く買う」

これは、あまり聞き慣れないかもしれません。FXでは買い注文だけでなく、売り注文も行うことができます。

高いレートでドルを売って、安いレートでドルを買います。

この時、「持っていないドルをどのようにして売るの?」と思われたかもしれません。FXでは実際に通貨を取引しているわけではなく、権利を取引しているイメージに近いです。

もっと簡単に説明すると、米ドルを借りて米ドルを売るイメージに近いです。

(例)
銀行から1ドル借りました。
借りた1ドル=100円の時に売ります。
すると、借りた1ドルは100円になります。
その後、1ドル=90円の時に1ドルを買い戻して借りた1ドルを返します。
この時、1ドル=90円なので、差額の10円が利益になりました。

2つ目がスワップポイントで利益を出す方法です。

スワップポイント
インカムゲインと呼んだりする。
スワップポイントを得るとは2つの通貨の金利差額で儲ける方法です。
少し難しいので売買をする通貨ペアで金利の高い方を持っていると毎日利益が出ると覚えておいてください。

株式でいう配当のようなイメージですね。

こちらがこちらが2021年7月のスワップポイントカレンダーです。

「買」と書いてあるのが通貨を買った場合のスワップポイント、「売」と書いてあるのが通貨を売った場合のスワップポイントです。

スワップカレンダー

出典:YJFX スワップカレンダー

米ドル/円の部分を見てみると、米ドルの方が円より金利が高いので、米ドルを持っているだけで毎日利益が発生します。

逆の場合、金利の低い通貨を持っていると、持っているだけで毎日お金が減るので気をつけてください。

FXのメリット

FXの代表的なメリットは5つです。

FXのメリット
  • ◆レバレッジが使える
  • ◆24時間取引ができる
  • ◆自動売買が使える
  • ◆流動性がある
  • ◆ボラティリティがある

以上がFXのメリットです。詳しく見ていきましょう。

レバレッジが使える

FXをする上で最大のメリットはレバレッジが使えることです。

レバレッジとは手持ちの資金を担保にすることで、手持ちの資金以上のお金で取引を行うことができるシステムになっています。

国内では最大25倍です。制限があるので超えることはありません。

でも海外FXにはレバレッジ制限がないので自由度が高く、1000倍を超えている業者もあるくらいです。

レバレッジはかけなくても取引はできます。しかし、レバレッジをかけることで効率良く資金を増やすことができるのです。

ここでレバレッジをかけた場合とかけなかった場合の例をみてみましょう。

(例)
手持ちの資金が10万円のAさんとBさんがいます。
Aさんはレバレッジを10倍かけて、Bさんはレバレッジをかけていません。
1ドル=100円の時、お互い10万円でドルを買い、1ドル=110円で買ったドルを売りました。
この時Aさんの利益は10万円、Bさんの利益は1万円となります。

例のAさんは手持ちの資金が10万円ですが、レバレッジを10倍かけることによって、100万円で取引をしたことになります。

Aさんのように上手にレバレッジを使うことで効率良く資金を増やすことができます。

効率よく稼げるレバレッジですが、ハイリスクハイリターンを望む人にも大変有効です。

レバレッジを大きくかけることで少額から一気に稼ぐことが可能です。少額がら大金を稼いだGFFさんという有名なFXトレーダーの方がいます。

GFFさんはレバレッジを大きくかけて、手持ちの資金10万円を3ヶ月で6億円まで増やしています。

男性

資金に余裕があるひとはレバレッジを大きくかけて取引してみるのも良いかもしれません。

挑戦できるようにスキルアップ頑張ります!

24時間取引が可能である

国内株式の取引は、取引所(金融商品を売買するところ)が開いている9時から15時半までとなっていますが、FXは24時間取引が可能です。

土日は取引ができません。

ですので、「仕事で昼間は忙しくて時間がとれない人」や「家事で夜は時間がとれない人」は自分の時間を見つけてじっくりと取引することができます。

なぜ、取引所が閉まっている時間帯でも取引ができるのでしょうか。

理由は簡単で、為替の取引が24時間あらゆる場所でおこなわれているからです。

為替市場の開場時間

参考サイト:FOREX.com

日本の市場が閉まっていて取引できない時間でも、アメリカやヨーロッパなどの海外の市場が開いているので為替の取引を行うことができます。

ですので、為替の取引で利益を上げるFXは24時間好きな時に取引をすることが可能です。

自動売買が使える

FXは自動売買ツールが使えます。

自動売買とは名前の通り自動で売買をおこなってくれるツールです。24時間自動的にトレードを行なってくれるのでチャンスを逃すことがありません。

また、自動売買ツールは難しいチャート分析(今後、価格がどのように動くかを考えること)をする必要がありません。

ですので、あまり知識のない方でもFXをすぐに始めることができます。実際に自動売買ツールのみで勝っているトレーダーの方もいます。

自動売買ツールは自分でプログラミングをして作るのも良いですし、エンジニアが作った自動売買ツールを買うのでも良いです。

自動売買ツールを貸してくれるFX会社もあります。

流動性が高い

FXは流動性がとても高いです。流動性とは市場にどれぐらいの参加者がいるかということです。

FXや株は、売り手と買い手がマッチして初めて取引が成立します。流動性の高い市場だと、買い手と売り手がたくさん存在しているので自分の思った通りに取り引きが可能です。

ですが、流動性が低いと買い手と売り手の数が少ないため、取り引きが成立しない場合や不利な価格での取引が行われます。

(例)
流動性が高い場合
Aさんは1ドル=100円でドルを買いたいとします。
Bさんは1ドル=99円でドルを売りたいとします。
Cさんは1ドル=100円でドルを売りたいとします。
この時、AさんとCさんの条件がマッチしているので1ドル=100円で取引が成立します。

流動性が低い場合
Aさんは1ドル=100円でドルを買いたいとします。
Bさんは1ドル=99円でドルを売りたいとします。
この時、条件が合わないので取引は成立しないか、不利な価格の取引になります。

FXでは基本的に流動性が高いので自分の思った通りに取引を行うことができます。

ボラティリティが高い

FXはボラティリティが高いです。ボラティリティとは価格変動の大きさを表す言葉です。

ボラティリティが高いと価格変動が大きく、大きな利益を残すことが可能です。FXやゴールド、仮想通貨などがボラティリティの高い金融商品にあたります。

以下のサイトで簡単に知ることが可能です。

ボラティリティ検索

参考サイト:ボラティリティ表

逆にボラティリティが低いと利益を残しづらく、利益が残っても小さな利益になることが多いです。債券などはボラティリティの低い金融商品になります。

FXはボラティリティが高いので、利益を残すときは大きく残すことができます。

FXのデメリット

FXの代表的なデメリットは4つです。

FXのデメリット
  • ◆強制ロスカットシステムがある
  • ◆スプレッドがかかる
  • ◆ゼロサムゲームである
  • ◆たくさん稼ぐと税金を払わないといけない

以上がFXのデメリットです。
詳しくみてみましょう。

強制ロスカットシステムがある

FXには強制ロスカットシステムというものがあります。
強制ロスカットとは損失が一定以下になると自動で損失を確定するシステムです。

強制ロスカットの基準は各FX会社によって違いますが、担保(証拠金)にしているお金の60%の損失が出た際に強制ロスカットになることが多いです。

ですので、株式取引でよく利用される塩漬け手法(利益が乗るまで持ち続ける手法)は使うことができません。

「勝手に損失を確定させられるのは怖い」と思われる方が多いと思います。
大きなレバレッジをかけたギャンブル的な取引など、無理な取引を行わない限り強制ロスカットは行われないので安心してください。

スプレッドがかかる

FXをやる上ではスプレッドがかかります。スプレッドとは取引コストのことです。
FX会社によって、スプレッドの大きさは違うので注意しましょう。

スプレッドとはどのようなものかというと、1回取引をおこなうごとにFX会社に支払うお金のことになります。

スプレッドの見方

MT4の気配値表示の右側にリアルタイムで更新されているのがスプレッドです。

出ていない人は右クリックをしてスプレッドを選び表示させてください。このスプレッドは表示されている取引価格の中に含まれています。

スプレッドの見方は以下の通りです。

1ドル=110.0020円で取引されいました。1万ドルを買う場合、11万2円必要になります。このときの2円はスプレッドになります。

男性

スプレッドはFX業者が自由に設定できます。業者ごとに差があるのはそのせいです。

よく確認しておかないとハイレバレッジで大きな取引をしたときなどで、スプレッドによってコストに差がついてしまいますね。

ゼロサムゲーム

FXはゼロサムゲームです。

ゼロサムゲームとは、経済理論の用語でゲーム参加者の得点と失点の総和はゼロになるゲームのことです。FXで利益をあげている人は負けている人の損失を奪っているのです。

よくFXは札束を握った戦いだと言われています。

FX初心者はどうしても初めは奪われる側になるのは仕方がありません。
しっかり勉強をすれば、奪われる側から奪う側に回れるのでがんばりましょう。

たくさん稼ぐと税金を払わないといけない

FXはサラリーマンは20万円、働いていない方は38万円を超えた場合、税金を支払わなければなりません。

税率はどれだけ稼いでいても20.315%です。
そこまで高い税率ではありませんが、確定申告などの手間が増えてしまします。

バイナリーオプションの記事で税金についてまとめています。税制度はFXでも同じなので参考にしてみてください。

【まとめ】FXは少額かデモトレードで始めましょう

今回はFXとは何なのかについてまとめました。
FXは少額から始められたり、時間の縛りがなかったりとメリットが大変多いです。

「FXって面白そうだな」 「FXちょっとやってみようかな」

と思った方がいましたら少額から始めて見るのはいかがでしょうか?

「少額でも取引に抵抗があるよ」と感じる方もいると思います。
お金を使わずゲーム感覚で取引を体験できるデモトレードと言うものもありますので、実際にやってみることをおすすめします。

この記事を書いた人

 

石井 諒太郎

 

福岡県福岡市生まれ。福岡育ち。
 貧乏からの脱却の為投資を始めた。
退場を何回も経ては復活。現在はサラリーマンをしながら副業でバイナリーオプションに投資中。

 

趣味は温泉、テレビゲーム、投資のセミナー参加、読書。

ランキングに登場するBO会社はコチラ
バイナリーオプションのランキングに登場するおすすめ会社一覧

当サイトで、登場するバイナリーオプションおすすめ会社についての軽い詳細情報をまとめているページになります。各会社の情報を一括でご覧頂く事が可能となっているので、各バイナリーオプション会社のサービスを見たい方はコチラのページを参考にして下さい

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ