バイナリーオプション会社ランキングサイト
バイナリーオプション会社ランキングサイト

原因や対策は?バイナリーオプション業者の口座凍結を徹底解説

バイナリーオプションの口座凍結

バイナリーオプションを利用しているユーザーの中には、SNSなどで口座凍結されたという情報を発信している人がいます。

これは単なる噂ではなく、実際に凍結されてしまった人がいた事実があります。

この記事では、バイナリーオプションの口座凍結に関する基本情報や口座が凍結されてしまう理由を紹介していきます。

さらに、口座凍結されてしまってもできること・口座されてしまった場合にできなくなることを紹介するので、取引の際に参考にしてみてください。

バイナリーオプションの口座凍結とは?

口座凍結とは?の画像

バイナリーオプションの口座凍結では、取引口座の利用を制限されたり、取引や出金を行うことを制限されたりする処分がとられます。

どのような理由でこのような処分が取られてしまうのか、また、口座凍結処分の段階についてもチェックしていきましょう。

口座凍結されてしまうのはなぜ?

口座凍結されてしまう理由は業者によってさまざまですが、一般的には稼ぎすぎや業者が定める禁止事項に触れてしまうことが原因となります。

もちろん、稼ぎすぎ自体は禁止事項に触れることはありません。

しかし、明らかに不自然な稼ぎ方を行った場合などは、マーチンゲール法や自動売買など業者が禁止している売買を行ったとみなされ口座凍結の原因となってしまうでしょう。

普通に取引をして稼ぎすぎってなるの?

男性

ほぼないね!禁止事項に触れない範囲で取引をしよう!

口座凍結にも段階がある

口座凍結といっても、業者によって定められた段階があります。

海外バイナリーオプションでは基本的に口座凍結の段階は2段階で、悪質度によってどちらに該当するのか判断され措置が取られるようになっているのです。

①限定凍結:一部の機能やサービスを停止する
②完全凍結:すべての機能やサービスが停止する

このように利用を一時的に停止される場合から、取引や出金を永久に停止されてしまう場合など程度はさまざまです。

限定凍結

禁止事項に該当する行為を取引で行っている可能性がある時など、まだ確定していない時に限定的に口座凍結をするバイナリーオプション業者は多いです。

他にも急激に利益をあげている時も該当する可能性があります。

海外バイナリーオプション業者はマネーロンダリングに使用されないように細心の注意を払っているので、仕方のない措置なんです。

限定的な口座凍結では以下のような措置が取られます。

  1. ・1オプションに1つしか取引ができなくなる
  2. ・連打購入ができなくなる
  3. ・取引の上限額が引き下げられる

これまで通りに取引や入出金をすることはできても、細かい制限がかかってしまうのが限定的な口座凍結です。

明確な証拠がないことでバイナリーオプション業者側もスパッと口座凍結に踏み切れない場合に適応されますが、そういう状態で該当してしまうのかは公開されていません。

かなり取引が不便になるんだね

男性

大きな利益を狙う人にはかなりの痛手になるぞ

完全凍結

もう1つの口座凍結は名前の通りすべての機能が停止する完全凍結です。

限定的な口座凍結とはちがってこの完全凍結は明らかに禁止事項に該当する行為を行っているという場合の措置として適応されます。

業者によってはマイページや取引画面に入れるところもあるようです。

ただ、エントリーをしようとしてもエラーになる・出金の申請をしても拒否されるなど今までできていたことが一切できない状態になっています。

基本的にこちらが弁解をしても通らないことがほとんどです。

本当に禁止事項に該当しているという心当たりがない時はダメもとでバイナリーオプション業者に問い合わせをしてみてもいいでしょう。

口座精査により何か分かる可能性もあります。

でもバイナリーオプションの完全凍結で口座が復活した事例は聞いたことがないので、かなり厳しいと思っておいてください。

せっかくの利益を出金もできないなんて…

男性

だからルールは絶対に守らないといけないんだ!

口座凍結してしまった場合にできること

口座凍結でもできることの画像

口座凍結してしまってもできることはどのようなことがあるのでしょうか。チェックしていきます。

サポートへの問い合わせ

バイナリーオプション業者へ問い合わせることは、口座を凍結されてしまっても可能です。

電話、メール、問い合わせフォームなどを利用して、口座凍結の事実確認や凍結解除の申し出を行ってみましょう。

ただ、早くどうにかして欲しいからと急いで電話をかけたり、感情的になってこちらの言い分をぶつけるのは絶対にダメです。

業者側も調査をする必要があるのでメールでの問い合わせをおすすめします。

バイナリーオプション業者によっては、口座凍結になるかもしれないという段階で調査に入るとメールがくることもあります。

その場合は調査終了まで限定凍結となることが多いようです。

事前に通知があった場合はトレーダーが特にできる対処はないので、調査結果のメールが届くのを待つほかありません。

出金拒否されていなければ出金する

もしも口座凍結の中でも軽い処置であれば、出金を行うことができるはずです。今後さらに重い処分が科され、出金拒否となる可能性もないわけではありません。

出金拒否されていなければ早めに口座資金のすべてを出金しておくようにしましょう。

口座への入金

口座凍結されてしまっても、入金は可能という場合が多いようです。

バイナリーオプション業者側が入金されて困ることはないので、停止させる理由もなく当然のことではありますよね。

でも、今後、凍結が解除されるかどうかわからない中、入金することはオススメできません。

さらに出金拒否の処分も科されてしまえば、入金額がそのままバイナリーオプション業者に取られることになります。口座凍結になってしまったら、入金は絶対にしないようにしましょう。

男性

入金分の没収はひどいね!ただ、最近は入金分は出金可能で利益分を没収するケースが多いみたいだぞ

普段からこまめに出金しておいた方がよさそうですね

口座凍結してしまった場合にできなくなること

口座凍結でできなくなることの画像

口座凍結してしまった場合、どんなことができなくなるのでしょうか。口座凍結の段階によって様々ですが、考えられることをすべて取り上げていきます。

バイナリーオプション取引

口座が完全凍結されてしまった場合は、バイナリーオプションの取引自体を行うことができなくなります。

このような措置を取られてしまうと、マイページへログインできたとしても、注文を行うことができなくなっているはずです。

実はこうなってしまったらもう二度と使えない可能性が高くなってしまいます。

バイナリーオプションの完全凍結=そのバイナリーオプション業者からの卒業という言葉まであるので、取引まで不可能になってしまったら継続利用は難しいと思った方がいいでしょう。

大きな金額でのエントリー

口座凍結になってしまっても、取引できる場合もあります。ただ、5000円以上のエントリーはできないなど、エントリー条件が付いてしまうことがあります。

例えばハイローオーストラリアを例にすると【入力された金額が、購入可能金額を超えています】と表示されエントリーができません。

これまで大金を動かして大きな利益を生み出していたのに、口座凍結で利益が一気に減ってしまったトレーダーの方も多いようです。

口座凍結によって掛け金に制限がかかる時はメールで事前に通知されます。

上限設定の通知メール画像

メールが届いた段階ではまだ入出金や取引は可能ですが、できれば完全凍結の対策を始めておいた方がいい時期です。

利益の出金や次に使うバイナリーオプション業者の選択など、取引を一旦やめておいて今後の業者側の動きを伺っておくことをおすすめします。

取引口座からの出金

口座凍結されると、出金を行うことができなくなることがあります。これまで得た利益はもちろん、入金した金額も出金できなくなってしまいます。

出金拒否されるのは、口座凍結の中でもかなり重い処分です。必ずサポートに事実確認を行い、出金することはできないのか問い合わせてみましょう。

口座が凍結する理由

口座が凍結されてしまう理由は、バイナリーオプション業者によって異なります。これは、各業者が定める禁止事項が微妙に違っているからです。

ここからは、人気のバイナリーオプション業者を取り上げ、なぜ口座が凍結されてしまうのかを考えていきます。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアの公式の画像

ハイローオーストラリアの公式サイトでは口座凍結について以下の通りに記載されています。

・レートの遅延やフロントランニングを狙った取引
・業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
・クレジットカードの乱用が認められた場合
・取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
・本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
・同一人が複数口座を開いたことが確認された場合
(両方の口座を解約することがあります)

自動売買が行われているかどうかは、パソコン操作の動きで大方の検討が付きます。

自動売買を疑われた場合、まずは取引が5000円までに限定される「限定口座凍結」の処置がとられることが多いので通知メールを要チェックです。

同じIPアドレスから複数口座を運用している場合も口座凍結の対象となります。

家族やルームメイトが同じパソコンを使っているだけだったとしても、IPアドレスが同じであるということで限定凍結の対象になってしまうのです。

そのほか、第三者の助言を受けてエントリーを行う場合、マーチンゲールやスキャルピングを何度も繰り返す場合も口座凍結の対象なります。

さらには、単純に稼ぎすぎた場合も不正が疑われ、口座凍結の対象となってしまいます。

ハイローオーストラリア
初回入金5,000円
取引金額1,000円
最大ペイアウト率200%

ハイローオーストラリアは転売を備えた貴重なバイナリーオプション業者の一つです。転売時の利益やペイアウト率をリアルタイムで表示してくれますので転売のタイミングを見逃す事はありません。

◆ ハイローオーストラリアの取引を始めるまでの流れ

ザオプション

ザオプションの公式の画像

ザオプションの公式サイトにも口座凍結に関する規約はきちんと書かれていました。

・マーケットの動きに対しレートの遅延やフロントランニングを狙ったと見られる不自然な取引
・システムの乱用を狙った構成の自動売買取引ツールを購入の上お取引された場合
・取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
・クレジットカードの乱用と判断された場合
・本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
・重複口座が確認された場合(全ての口座を解約することがあります)
・お取引目的ではないと見受けられる口座利用を行ったとみなす場合
・マーケットプライスの上下の予測に基づいていない不自然な手法での取引を行ったと判断された場合

ザオプションでも自動売買ツールの利用や重複口座を利用することは、口座凍結の対象となる行為とされています。

そのほか、入金額が以上に多い場合も口座凍結の対象となります。特に取引金額に対して明らかに入金額が多い場合は業者から怪しまれてしまうのです。

一度に数千円程度しか取引を行わないにもかかわらず、100万円以上の入金を行うと、犯罪で手に入れたお金をマネーロンダリングしているのではと疑われてしまうでしょう。

さらに、本人確認書類を偽った場合、稼ぎすぎた場合もやはり口座凍結の対象となってしまうので注意が必要です。

重複口座に関してはグループ取引も禁止事項に含まれています。

ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザオプション(theoption)はキャンペーンが豊富で、デモ取引が無料でできるため評価の高いバイナリーオプション業者です。ほかの海外バイナリーオプション業者と比較をしても無料デモや、無料で使えるデスクトップツールなどトレーダーにとって私も評価出来ます。
このザオプションは、サポートも手厚く、なんでも質問を受け付けてくれますので初心者にもやさしい業者です。
初回入金額5,000円
最低取引額1,000円
最大ペイアウト率最大200%以上
出金対応最短1営業日以内
ボーナス対応初回入金で5000円キャッシュバック

ソニックオプション

ソニックオプションの公式の画像

2社同様、ソニックオプション公式にも口座凍結に関する規約はあります。

・国際法、憲法、法律、条例、その他法令に抵触するもしくはその疑いのある行為
・本契約に違反する行為
・過度なクレームを行う行為
・当社や第三者の著作権や商標権、その他一切の権利を侵害する行為またはその恐れのある行為
・当社の許可なくAPIでなく無断でツールやプログラムを使用する行為
・実在するまたは架空の人物へのなりすまし行為(他人のID/パスの利用を含む)
・複数の口座所持(家族含む)
・組織的に取引を行う行為
・当社の許可なく退会後に再登録を行う行為
・過度なキャンセル行為
・自動ツールなどを用いて異常な取引を遂行する行為
・投資目的ではなくボーナス目的で当社サービスを利用する行為
・当サイトのセキュリティシステムへの侵入や侵入するためのアクセスの試み、迂回、妨害
・当社が悪意ある行為により財政的、法的、金銭的な不利益を被ることが明らかな場合
・その他本契約内に記載された行為
・その他当社が禁止行為であると判断した場合

ソニックオプションは他の2社よりも細かく規約が掲載されている印象を持ちます。

ソニックオプションでも、規約違反したユーザーは口座凍結の厳しい措置が取られます。ソニックオプションで口座凍結されてしまう原因の一つが、本人確認が終了していないということです。

本人確認が必須にもかかわらずアカウントを開設しただけで放置していた場合、セキュリティ対策の一環として口座凍結処分の対象となってしまいます。

そのほか、自動売買ツールの使用や、複数口座を所有した場合も処分の対象となります。

また、短期間で異常なトレード回数を記録した場合も、自動売買ツールの使用を疑われるため、口座凍結される場合があります。

ソニックオプション
ソニックオプションは短期取引を基調とした人気バイナリーオプション会社です。トレーダーから需要の多い短期取引のみに絞ってシステムを構築するソニックオプションは、何と200%の大台を超える最大202%取引、レンジアウトを用意。ワンコイン500円からでも取引を受け付けているので、気兼ねなく取引に挑戦することができます。最大60%ボーナスキャンペーンに、迅速な出金が可能なネッテラー採用など、その魅力は満載です。
初回入金額20,000円~
最低取引額500円~
最大ペイアウト率最大202%~
出金対応最短5営業日
ボーナス対応初回入金額に応じて最大60%キャッシュバック

口座凍結を防ぐ方法

ここからは口座凍結を防ぐ方法を考えていきます。バイナリーオプションの口座凍結対策としては、口座凍結を未然に防ぐことが基本となります。

口座凍結されてしまうと、サポートへの問い合わせを通して、事実関係の確認や異議申し立てはできるものの、口座凍結の処分自体を取り消すことは非常に難しいと言われています。

そのため、トレーダーができることは、口座凍結されないようにするに気を付けることです。

対策方法はどのバイナリーオプション業者を利用しても共通のものです。口座凍結にならないためにも、しっかりと確認しておきましょう。

バイナリーオプション業者の規約を確認する

規約を違反しなければ、口座凍結される可能性は極めて低いでしょう。

トレードを始める前に、面倒かもしれませんが利用するバイナリーオプション業者の規約を確認しておくことをオススメします。

規約についての画像

規約違反をしていないつもりでも、「実は規約違反に引っ掛かっていた」ということも結構あるので規約はすべて目を通しておきましょう。

知らなかったは通らないので口座凍結になって後悔しても遅いです。

規約は文字ばかりで読む気にならないという時は、当サイトのように砕いて解説している情報を参考にすると分かりやすいと思います。

知らなかっただけだしサポートに説明しよ!

男性

規約を読んでないのは自己責任で通用しないぞ!

自動売買をしない

バイナリーオプション取引で自動売買をしても、業者にはっきりとバレることはありません。

しかし自動売買を行うと、裁量取引にはないスピード感があったり、不自然な取引が行われた履歴が残ってしまったりと業者に怪しまれてしまいます。

結果として口座凍結の処分をくらってしまう可能性もあるので、バレないからといって自動売買を行うことは絶対にやめておきましょう。

また、他のトレーダーの取引記録との兼ね合いでバレることもあるので注意が必要です。

自動売買のリスクの画像

例えばバイナリーオプション業者Aで同じ自動売買を使っている人が複数いたとします。

Aさん
Bさん
Cさん
Dさん
Eさん
Fさん
Gさん

全員が同じ動きで取引をしていたら、バイナリーオプション業者じゃない一般のトレーダーでも自動売買を使っていると疑いますよね。

バレにくいからしてもいいと思うのは間違いです。

特にハイローオーストラリアなどの大手のバイナリーオプション業者では、トレーダーの数も多いのでバレる可能性は高くなります。

他人の口座を利用しない

ほとんどのバイナリーオプション業者では、他人の口座を運用することは禁止行為に該当します。

マネーロンダリングなどの犯罪行為にバイナリーオプションが使用されないようにするために、本人名義の口座でしか取引はしてはいけないのです。

口座レンタルはもちろんのこと友人・家族でも借りてはいけません。

他人の口座を借りるリスクの画像

他人の口座を利用することは「犯罪収益移転防止法」の「借名取引」により禁止されています。

自分以外の人の名前の口座を使って取引をすることは、バイナリーオプション業者に対するなりすまし行為でもあるのです。

他にも税金の問題も発生してしまいます。

例えば名義を借りた口座で年間300万円の利益をあげたとすると、その分の税金は名義人に対して発生するため多大な迷惑をかけることにもなるのです。

お互いの間で話がついていたとしても、違法行為なので行ってはいけません。

バイナリーオプション業者に対する違反だけではなく、法律にも違反するので取引には必ず自分の口座を利用するようにしましょう。

複数のバイナリーオプション業者を利用する

前述したようにバイナリーオプション取引で稼ぎすぎた場合、口座凍結の処分になってしまうことがあります。

なぜ稼ぎすぎると口座凍結の対象になってしまうのかは微妙なところです。

①自動売買やツールなどで禁止された取引を行っている
②業者側のマイナスになってしまう

このように不正を疑われるからという意見と、ただ単に業者側にマイナスになるからでしょ!という意見と両方があります。

真相は分かりませんが稼ぎすぎがキーになっているのは明らかです。

そこで稼ぎすぎを防ぐために、複数のバイナリーオプション業者を利用して利益を分散させて取引をする方法があります。

2つの業者を同時に利用していれば、ひとつの業者あたりの利益は、半分になり、結果として不正を疑われるリスクを大幅に減らすことができるのです。

男性

おすすめのバイナリーオプション業者はこちら!!

まとめ

今回はバイナリーオプションの口座凍結について解説しました。

口座凍結の中でも恐ろしいのは利益の出金ができないことです。

金銭的な損失はもちろん、これまでバイナリーオプション取引に費やしてきた努力や時間が水の泡となり精神的にも大きなダメージになります。

そうならないためにも事前に禁止事項をしっかりと確認し不正行為を行わないようにするのはもちろん、不正を疑われないようにすることも大切でしょう。

複数の業者を利用しながら、出金拒否のリスクを最小限にとどめ、安全なトレードを心掛けてください。

ランキングに登場するBO会社はコチラ
バイナリーオプションのランキングに登場する会社一覧

当サイトで、登場するバイナリーオプション会社についての軽い詳細情報をまとめているページになります。各会社の情報を一括でご覧頂く事が可能となっているので、各バイナリーオプション会社のサービスを見たい方はコチラのページを参考にして下さい

バイナリーオプションランキング結果比較
バイナリーオプションのランキングに登場する会社一覧

バイナリーオプション会社の情報を各ランキング別で比較できるページを用意しております。皆様が求める条件で、一番環境の良いサービス提供しているバイナリーオプション会社をしっかりと比較して、これから皆様が利用したいと考える会社をい選んでみて下さい

バイナリーオプションのデモトレードを実践
バイナリーオプションのランキングに登場する会社一覧

バイナリーオプションのサービスを、一度体験してみたいという方は、一度、デモトレードを提供している会社で、バイナリーオプションのサービスを実践してみてはいかがでしょうか?デモトレードをお考えの方に関して、おすすめのサービス情報を次にページで紹介していますので是非、ご覧下さい

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ