バイナリーオプション会社ランキングサイト
バイナリーオプション会社ランキングサイト

バイナリーオプション国内規制の影響6項目を紹介

バイナリーオプション規制トップ

バイナリーオプション国内規制の影響6項目について。
バイナリーオプションが規制されたというニュースを目にして、具体的にどこがどのように規制されたのがみなさん気になることでしょう。

バイナリーオプションの規制は現状、国内バイナリーオプション業者のみに対して布かれています。海外バイナリーオプションはこの規制の影響を受けていないということですね。

バイナリーオプション国内の規制の影響とは何なのか。これをわかりやすく6項目に絞って、わかりやすく解説していきたいと思います。
バイナリーオプション規制の内容を知りたい方は是非チェックしてみてください。

金融庁によるバイナリーオプションの規制

バイナリーオプションがギャンブル性が高いことから、以前から日本の金融庁はどうにかしたいと対策を模索していました。

国内規制がかかる前から少しずつ行動を起こしています。

2012年12月バイナリーオプション業者が部会を結成
2013年部会が自主規制について話し合い発表
2013年7月公的な規制を内閣府令として発表
金融先物取引業協会もガイドラインを発表
2013年8月公的な規制を内閣府令として実施開始
以前のバイナリーオプションの取引ルールへの新規事業参入を禁止
2013年11月以前のバイナリーオプションの取引ルールの完全停止

この国内規制でトレーダーの9割は海外バイナリーオプション業者であるハイローオーストラリアに移動したとも言われています。

それほどまで影響を与える国内規制の内容がこちらです。

短期トレード禁止

バイナリーオプションの醍醐味は30秒や1分などの短期トレードですぐに結果が分かり、サクッと投資ができることでした。

でも国内規制で短期トレードが禁止されてしまったのです。

取引時間の画面

エントリーから2時間経過しないと決済ができないルールになってしまったので、1日に最大でも12回しか取引はできません。

短い時間で勝てる分析をして取引回数で勝率・利益をあげる手法はまったくもって通用しなくなってしまったのです。

レンジ外の総取りを廃止

トレーダーにとってメリットになった国内規制がレンジ外の総取りの廃止です。

このラインを超えた場合は負けになるというルールがあり、バイナリーオプション業者が得をするシステムが廃止となりました。

海外バイナリーオプション業者には総取りはありません。

価格提示を義務化

今は当たり前に売り・買いの2つの価格が表示されていますが、以前は1つの価格だけが表示されている状態でした。

でも国内規制によって2つの価格表示が義務化されたのです。

価格表示の規制

これはペイアウト率にも規制がかかったことと関係しています。

ペイアウトを変動制へ

以前は当たれば指定されたペイアウト率で利益が出て、はずれたら掛け金がなくなるというルールになっていました。

でも規制によって予想の精度によりペイアウト率が変動するルールになっています。

変動制のペイアウト率

FXとほとんど変わらないということです。

必然的に海外バイナリーオプション業者のように高いペイアウト率の設定も不可能になるため莫大な利益を出すことはできません。

口座開設時のテスト

投資知識テスト

日本の金融庁が問題視しているのはバイナリーオプションのギャンブル性の高さです。

依存することなく安全に投資をしてもらうために、口座開設時に20問程度の簡単なテストを行い合格すれば手続きができます。

不合格の場合は合格するまで口座開設ができないのです。

規制によってバイナリーオプションで投資を始めるには必要最低限の知識を持っていないとダメだということになりました。

先に例題で予習をしておくのがおすすめです。

取引限度額の設定

規制によって取引限度額の設定も行われました。

損失限度額
購入限度額

年始の営業開始から1年間の損失限度額をトレーダーはバイナリーオプション業者に予め申告しなければいけません。

業者にもよりますが

  • 10,000円
  • 100,000円
  • 500,000円
  • 1,000,000円
  • 2,500,000円
  • 5,000,000円

という金額設定の中から、自分の資産状況で許容できる損失額を選択し申告をします。

年の途中で損失限度額に達した場合は取引が停止されます。

また、1日の購入限度額もバイナリーオプション業者ごとに設定されているので超えるとその日の取引は終了です。

損失限度額や購入限度額が口座開設時に資産額・収入額を申告し業者側に決定されるケースもあるようです。

厳しい規制をかけた理由

今までにしつこいくらいに行ってきたバイナリーオプションのギャンブル性の高さが1番の原因です。

ギャンブルではなく投資なのに、どうしてもギャンブル化しやすいシステムになっているため警戒されてしまいました。

国内バイナリーオプションをするならFX取引をしてもそう変わりはないかなというところです。

海外バイナリーオプションの規制は?

世界のバイナリーの規制

国内規制ばかりに目がいきますが、海外でもバイナリーオプションの規制は次々に行われています。

2016年8月:ベルギーが無期限禁止
9月:オランダが無期限禁止
2017年9月:カナダ・マルタ・イスラエルが無期限禁止
2018年11月:ドイツが無期限禁止
2019年3月:フランスが禁止にする協議を開始
4月:イギリスが無期限禁止
5月:デンマークが永久禁止
6月:イタリア・アイルランドが無期限禁止
7月:ポーランドが無期限禁止
2021年4月:オーストラリアが無期限禁止予定

G7加盟国でバイナリーオプションが禁止されていないのはアメリカと日本の2ヵ国しかないんです。

2021年4月にオーストラリアの禁止予定によって、ハイローオーストラリアが影響を受けたように今後また同じような状況が起こる可能性があります。

日本の規制も海外の規制も情報は仕入れておくことをおすすめします。

海外業者の注意点

規制によって国内バイナリーオプションから海外バイナリーオプションへ流れた人がかなりたくさんいます。

トラブルなく海外業者で投資をするポイントは3つです。

運営実績や取引実績がある信頼できる業者
会社の住所や連絡先などの情報を公開している
取引条件や出金条件がきちんとしている

海外バイナリーオプション業者は日本の金融庁の管轄外になり、国内規制が適応されない代わりに何かトラブルがあっても保証されません。

取引環境は抜群にいいですがメリットだけではないことを覚えておいてください。

国内より海外の方がメリットは多い

海外バイナリーのメリット

ただそれでも国内規制により、海外バイナリーオプション業者の方がトレーダーにとってメリットが多いのは事実です。

  1. ボーナスやキャンペーンが豊富
  2. ペイアウト率が高い
  3. 取引銘柄が豊富
  4. 30秒や1分など短期取引ができる
  5. 1日の取引回数に制限がない
  6. テストなしですぐに口座開設ができる

国内規制の影響は6つも出ていますが、国内バイナリーオプション業者は金融庁に登録があり安心できるメリットがあります。

国内・海外のメリットとデメリットを比較して自分にあったバイナリーオプション業者を選んでみて下さい。

両方のデモ取引でお試しをしてみるのもおすすめです。

ランキングに登場するBO会社はコチラ
バイナリーオプションのランキングに登場する会社一覧

当サイトで、登場するバイナリーオプション会社についての軽い詳細情報をまとめているページになります。各会社の情報を一括でご覧頂く事が可能となっているので、各バイナリーオプション会社のサービスを見たい方はコチラのページを参考にして下さい

バイナリーオプションランキング結果比較
バイナリーオプションのランキングに登場する会社一覧

バイナリーオプション会社の情報を各ランキング別で比較できるページを用意しております。皆様が求める条件で、一番環境の良いサービス提供しているバイナリーオプション会社をしっかりと比較して、これから皆様が利用したいと考える会社をい選んでみて下さい

バイナリーオプションのデモトレードを実践
バイナリーオプションのランキングに登場する会社一覧

バイナリーオプションのサービスを、一度体験してみたいという方は、一度、デモトレードを提供している会社で、バイナリーオプションのサービスを実践してみてはいかがでしょうか?デモトレードをお考えの方に関して、おすすめのサービス情報を次にページで紹介していますので是非、ご覧下さい

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ