バイナリーオプション会社ランキングサイト
バイナリーオプション会社ランキングサイト

バイナリーオプション会社が提供するペイアウト率ランキング

バイナリーオプション業界の中で、ペイアウト率の高さと稼ぎやすさを兼ね備えたサービスから順に、各バイナリーオプション会社をランキングでまとめていますので、是非参考してみましょう
バイナリーオプションの取引を利用する上で、ペイアウト率はとても重要。

投資した資金がどれくらいの割合になって返ってくるのか気になる人は多いと思いますし、どうせなら、できるだけ多くの資金を手元に収めたいものですよね。なので今回、各会社のペイアウト率を比較してみた次第になりますので、是非、参考にして下さい。また、今回のランキングでは単純なペイアウト率の数値だけでなく、稼ぎやすさを考慮して紹介しています。順位が上のもの程稼ぎやすいです。

第1位ザ・バイナリー(THEバイナリー)
ザ・バイナリー(THEバイナリー)
初回入金10,000円
取引金額100円
最大ペイアウト率205%

ザ・バイナリー(THEバイナリー)は最大205%のペイアウト率を誇っており、尚且つ100円から取引が出来るという希少なお手軽バイナリーオプション会社です。少ない資産で始められるので、特に初心者の方におすすめな業者となっています。

第2位ソニックオプション
ソニックオプション
初回入金20,000円
取引金額500円
最大ペイアウト率202%~

ソニックオプションのスプレッド取引は、最大ペイアウト率202%からのスタートとなっています。ハイロー取引のスタイルでは、もっとも高いペイアウト率を提供している会社でソニックオプションの人気は近年で上昇している

第3位ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア
初回入金5,000円
取引金額1,000円
最大ペイアウト率200%

ハイローオーストラリアのペイアウト率は、最大で200%が固定されており、変動する事はありません、ハイローオーストラリアは業界初、ペイアウト率200%を提供し始めた海外バイナリーオプション会社でもあります

第4位Yバイナリー
Yバイナリー
初回入金20,000円
取引金額1,000円
最大ペイアウト率500%

Yバイナリーが提供するペイアウト率はマックストレードという取引方法に限り最大500%で提供しています。為替相場の位置が最大でどのくらい上がるか下がるかを予想し、予想した相場まで値が動けば、取引成立という難易度の高い取引方法となります。高い分難易度は高くはなりますが、ロマンはあります!

第5位SpeedOption(スピードオプション)
SpeedOption(スピードオプション)
初回入金20,000円
取引金額500円
最大ペイアウト率200%固定

SpeedOption(スピードオプション)はすべての勝利の短期取引ペイアウト率が固定の200%になっています。ローソク足チャートも見ながらで最短30秒取引ができるので、為替レートの変動が予測しやすくなり、より勝ちやすくなっています。シンプル作った取引画面が初心者でも使いやすいので、お勧めできるバイナリーオプション業者です。

第6位スマートオプション
スマートオプション
初回入金10,000円
取引金額500円
最大ペイアウト率500%

スマートオプションのワンタッチ取引では、取引成功時に最高で500%のペイアウト率を提供してくれます。ワンタッチ条件は、ペイアウト率が上がれば上がる程難易度は高くなるというロマン溢れる仕様となっていて、一気にガッツリ稼ぎたいのならこの業者がおすすめです!。

バイナリーオプションのペイアウト率とは

バイナリーオプションのサービスを利用する上で、ペイアウト率は非常に重要な項目の一つ、ペイアウト率とは投資した資金が、どのくらいの割合で、還元されるのかを、表した数値で、ペイアウト率200%であれば、取引時の予想が的中した際に、投資金の2倍の資金が手に入る。

バイナリーオプションでは、ペイアウト率が高ければ高い程、それだけ、一回の取引で獲得できる資金が大きくなるので、各会社のペイアウト率を重視してサービスを比較する人は非常に多いです

ペイアウト率が高くても取引の難易度が高ければ稼ぎずらい

バイナリーオプションの取引で、例えペイアウト率が高くとも、取引方法の難易度が高ければ高いほど、稼ぎずらくなるので、勿体ない。それならば、バイナリーオプションの取引の中でも単純なスタイルで勝負できる、ハイロー取引などで高いペイアウト率を提供しているサービスの方が稼ぎやすいので、私はそちらの方がオススメです。
バイナリーオプション初心者の方であれば、ハイロー取引が、一番利益を出しやすい投資方法となるでしょうから、それだけ、ハイロー取引での条件が良いサービスを比較すると良いでしょう。

サブコンテンツ