バイナリーオプション会社ランキングサイト
バイナリーオプション会社ランキングサイト

バイナリーオプション5分取引を攻略!勝ちやすいのはいいとこ取りで1番戦略が立てやすいからだった!

バイナリーオプション5分取引を攻略
この記事の対象者:バイナリーオプション初級者

当ページはバイナリーオプションの初級者に向けた記事内容となっています。
当サイトでは、この記事の他にもバイナリーオプションを攻略するための記事を以下のページでまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>バイナリーオプションの攻略必勝法まとめ

微妙に長いと避けられることもある5分取引。

どうしても30秒や1分と比較すると待ち時間が長くなるので落ち着かず、結果的にそれっきりなんて人も多いようです。

でも実はバイナリーオプションの5分取引は強くおすすめできます

メリットが多く取引戦略も立てやすいので攻略しやすいからです。今からでも遅くはありません。

いいとこ取りの5分取引をマスターしましょう。

5分取引に他の取引時間にはない強みがあるんですか?

男性

短期・中期・長期のメリットを寄せ集めたのが5分取引だと思ってもらったら分かりやすいですよ。

当記事で分かること
  • ・5分取引の概要
  • ・5分取引のメリット&デメリット
  • ・5分取引の攻略法

バイナリーオプション5分取引の概要

5分取引の概要

海外バイナリーオプションだけでしか5分取引はできません。

国内バイナリーオプションでは規制強化の影響で短期取引ができなくなっているので、最低2時間経過しないと判定ができない決まりなのです。

超短期取引の30秒・1分に次ぐのが短期取引の5分取引になっています。

ペイアウト率 やや高め
取引難易度 低い
テクニカル分析 ある程度は有効
利益 普通
利用者 やや多い

業者によって多少の差はありますが、ペイアウト率は短期取引ということもあり高めです。

それでも超短期取引よりは低い設定になっているので、安定して勝つことよりも利益を追求する人には向かないかもしれません。

リスク回避をしながら一定の利益を追求する人にぴったりです。

テクニカル分析は効きやすいとまでは断言できませんが、超短期と比較して変則的な動きが減るのである程度の精度は期待できます。

5分取引はトータルバランスがとれているので安定性がある取引時間です。

ペイアウト率も高めで攻略しやすい取引なんですね!

男性

短期的のメリットであるペイアウト率の高さも、中長期取引のメリットである分析のしやすさも兼ね備えているのです。

5分取引のメリット

5分取引のメリット

バイナリーオプションのそれぞれの取引時間のメリットをいいとこ取りしている5分取引。

ざっくりとはご紹介しましたが、中でも5分取引の大きなメリットになっている4つのポイントを詳しく解説します。

ペイアウト率が高め

例え超短期には負けるとしてもペイアウト率は高めです。

利用するバイナリーオプション業者によって同じ5分取引でもペイアウト率が変わってくるので、一覧でチェックしてみてください。

ハイローオーストラリア 2.00倍
ザオプション 2.00倍
ファイブスターズマーケッツ 1.80倍
トレード200 ×
ソニックオプション ×
ザバイナリー ×
ゼントレーダー 1.80倍
ジェットオプション ×
fxbinary 1.80倍
ワールドクリプトバイナリー 1.85倍
bitodds 2.01倍
スペクター 1.90倍

できれば2.00倍以上欲しいのがペイアウト率です。

中には5分取引に対応していない業者もあります。対応している業者の中でペイアウト率が高いのは【ハイローオーストラリア・ザオプション・bitodds】の3社です。

おすすめはハイローオーストラリア・ザオプションの2社。

bitoddsが悪いとは言いませんが、運営している業者の情報が不透明で現時点では安心して利用することができないためです。

相場の流れが掴みやすい

トレーダーの多くは直近の値動きの方が予測が簡単と思う傾向があります。

でも実際は短い期間のチャートを見ただけでは今後の値動きの予想はつきにくく、全体的な流れを把握する時間が必要なのです。

分析時間の差

短時間で分析が必要な30秒取引や1分取引はトレンドが掴みにくいです。

でも5分取引のようにある程度の余裕があれば、流れを掴みやすくなるので今後どのようにチャートが推移していくかの予想の難易度を下げることができます。

確かに左のチャートではこのまま上昇トレンドが続くのか、転換して下降するのかが分かりにくいです。

男性

そうですね。でも時間に余裕があれば紫のラインよりも先を見て分析ができるんです!

変則的な動きが少なく分析しやすい

トレンド相場のチャートは上がったり下がったりを繰り返し動いていきます。

例えば1分取引のような判定時間が短い取引をしていた場合、変則的な動きに巻き込まれて分析が効かずに負けることも多いのです。

1分取引の落とし穴

上昇トレンドで単純に順張りHighエントリーで負けることもあります。

一瞬の逆方向への値動きに重なってしまい負になるからです。この一時的な動きを予測するのは難しいので、超短期取引は難易度が高いと言われています。

一方で5分取引は時間に余裕がある分、変則的な動きに重なるリスクは下がります。

ムダな負けが減るのと同時に感情的になってしまうことも回避できるので、メンタルが不安定になることも避けることが可能です。

転売も攻略に使える

テンポよく投資ができるのがバイナリーオプションの超短期取引です。

でも取引時間が短すぎるため転売を使うことができません。転売とは判定時間がくる前に取引を終了させることができる機能です。

転売が使えることでこんなメリットがあります。

チェックすべきポイント
  • ・利確によって勝ち逃げができる
  • ・負ける確率が高い時に損切りして損失を抑えられる
  • ・ミスエントリーによる取引の損失を抑えられる

無計画に転売ばかりを行うことは逆に損失を大きくする可能性があるのでおすすめできませんが、ここぞという時に使って攻略するのはアリです。

特に利確・損切りはうまく活用していくべきだと言えます。

指標発表を忘れていたなど負け要素の強いエントリーをしてしまった場合の対処法としても転売は有効です。

転売だけで5分取引は攻略できそうじゃないですか?

男性

満期まで待てばもっと利益が出ていた・反転して勝っていたなども起こるのが転売ですよ。期待値も下がるので計画的に使わなければいけません。

5分取引のデメリット

5分取引のデメリット

他の取引時間と違って致命的なダメージを受けるほどのデメリットはありません。

でも多少のマイナスポイントが5分取引にもあるので、可能な範囲で対処を行ってより有利に取引が進められるようにしましょう。

取引できる通貨ペアが減る可能性がある

30秒・1分取引が超短期取引なら、5分・15分取引が短期取引だと考えられます。

でも5分までは超短期取引に分類するバイナリーオプション業者が多く、人気のハイローオーストラリアでも区別されているのです。

5分取引 15分取引
AUD/JPY・AUD/USD・EUR/JPY・EUR/USD
GBP/JPY・NZD/JPY・USD/JPY
AUD/JPY・AUD/NZD・AUD/USD・CAD/JPY
CHF/JPY・EUR/AUD・EUR/GBP・EUR/JPY
EUR/USD・GBP/AUD・GBP/JPY・GBP/USD
NZD/JPY・NZD/USD・USD/CAD・USD/CHF
USD/JPY

17種類の15分取引に対して、5分取引は7種類しか取引できません。

HighLow取引とTurbo取引で取扱通貨ペアや銘柄が違うのはハイローオーストラリアに限ったことではないので、事前に確認しておきましょう。

テクニカル分析の徹底は必須

よくある失敗がテクニカル分析の怠慢です。

超短期取引をしていたトレーダーに多い傾向があります。若干難易度が低くなったからと5分取引で気を抜いて分析を怠るのです。

超短期取引 5分取引
多少分析が雑でも時間が短いので運に助けられることがある ある程度の時間があるのでロジックが重要

たったの30秒・1分での分析はかなり難しいです。

でも反対に時間が短いので運で勝つことも珍しくはないので、運に助けられていた人は5分取引になると痛い目に合います。

一定の取引時間があるので分析の徹底は必須なのです。

何度も言いますがトレンドを読み取ることが重要になるので、勝つためのロジックを身につけておかなければいけません。

確かに30秒取引で負けたと思ったら勝ったことが何回かありました。

男性

5分取引ではそんなにうまくはいかないですよ。

エントリーの機会は超短期より少ない

取引時間が長くなるので超短期取引よりはエントリー回数は減ります。

でもエントリーの機会が少ないということが「メリットに感じるのか・デメリットに感じるのか」は人によって違うはずです。

感情的になりやすい人にはメリットかもしれません。

反対に超短期取引レベルのエントリーチャンスを望んでいる人には、取引機会の減少はデメリットになってしまうはずです。

それでも激減する訳ではなく、十分なチャンスがあると個人的には感じます。

バイナリーオプション5分取引の攻略ポイント

徹底的に攻略したい時に1番重要になるのは「トレンドを読み取る」力です。

トレンドの方向・転換点をチャートから正確に分析することができることで、5分取引のメリットを最大限に活かすことができるようになります。

上位足も見てトレンドを確認

単体で5分足チャートだけを見て分析をするよりも上位足も同時に見た方が精度が高いです。

上位足とは見ているチャートの時間足よりも長い時間足のことなので、今回の場合は5分以上のものはすべて上位足となります。

トレンド相場で狙うのはどちらの動きも一致した状態です。

時間足によって動きが違う場合と同じ場合

右の上下2つのチャートのように同じ動きが理想です。

左の上下2つのチャートのように違う動きを見せている場合は、うまくトレンドに乗れない可能性があるので気をつけてください。

男性

上位時間足と下位時間足の動きが同じと覚えておきましょう!

上位時間足は全体的に見ると分かりやすいですよ。

移動平均線を使ってトレンドを把握

バイナリーオプションの5分取引でトレンドを把握するには移動平均線がおすすめです。

たくさんのトレーダーが紹介している5分足取引の攻略法でも頻繁に使われているインジケーターなので、必ずマスターしておきましょう。

移動平均線の注目ポイント

ローソク足の位置が移動平均線に対してどこにあるのかをまずは見てください。

両者の位置関係を把握することでトレンドの方向性を掴むことができるので、初心者にもすぐにできる簡単な攻略法です。

上昇トレンド:移動平均線がローソク足の上に位置し右上がり
下降トレンド:移動平均線がローソク足の下に位置し右下がり

トレンドの方向が確認できたら、次はそのトレンドの強さを確認します。

移動平均線の傾き具合に注目した時、傾きが大きければ大きいほどトレンドが強いと判断することができるのです。

5分取引では移動平均線はかなり有効性が高くなっています。

使いこなしているトレーダーの中には期間の違う移動平均線を複数挿入して、他のインジケーターを使わずに取引をする人もいるようです。

レジサポラインで転換点を把握

レジスタンスライン・サポートラインも有効です。

最高値の位置で引いた線をレジスタンスライン(抵抗線)、最安値の位置で引いた線をサポートライン(支持線)と言います。

レジスタンスライン・サポートライン

上位足ではレジサポラインで反発するポイントを探し、下位足ではラインにタッチしたタイミングがエントリーポイントと判断します。

簡単なやり方ですが勝率はまずまずです。

まずはレジスタンスライン・サポートラインが的確に引けるようになっていないと使えないので、正しい引き方を練習してみてください。

レジサポラインについての詳細は以下を参考にしてください。

5分取引の順張り・逆張り攻略法

いいところばかりの5分取引ですがざっくり分けるとやはり短期取引です。

長期の取引と比べるとトレンドの転換ポイントを分析する難易度は高くなるため、勝つためにはやはり順張りに徹するのがおすすめできます。

ただ極端に時間が短い30秒や1分取引よりは分析時間の確保が可能です。

よって5分取引は相場の状況に応じて順張りと逆張りを使い分けることができるので、戦略の幅はかなり広いと言えます。

まずはトレンド相場なのかレンジ相場なのかが重要ですね!

男性

その通り!他にも通貨ペアや時間帯・経済指標の発表などによって順張り・逆張りのどちらが有効かを判断してみましょう!

【順張り】移動平均線

スタンダードなインジケーターですが、移動平均線はかなり有効です。

複雑なロジックでもないので、バイナリーオプション初心者のトレーダーでも5分取引の分析にすぐに使うことができるようになっています。

最初に以下の3つの移動平均線をチャートに挿入してください。

移動平均線の設定
  • 短期:期間20
  • 中期:期間50
  • 長期:期間100

挿入できたらパーフェクトオーダーを探します。

パーフェクトオーダーとは短期線・中期線・長期線の3本の線が同じ方向にきれいに並んでいる状態で、強いトレンドであるサインです。

上昇トレンドのパーフェクトオーダー

下降トレンドの場合は反対になるので、上から【長期線・中期線・短期線ローソク足】という並びに変わります。

表示させた移動平均線をレジサポラインとしてチャートを見てください。

①短期移動平均線または中期移動平均線で反発しているポイントを探す
②見つかったポイントでトレンド方向へ順張りエントリー

たったこれだけなのでやり方はシンプルです。

短期移動平均をレジサポラインに使うのか、中期移動平均線をレジサポラインに使うのかは自分の判断になります。

判断に迷ったらどうしたらいいですか?

男性

特徴から判断してみてください。
短期線で見ると勝率は若干下がりますがエントリーポイントが多く、中期線で見るとエントリーポイントは減りますが勝率は少し上がります。

【順張り】ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドもメジャーなインジケーターです。

バイナリーオプションの5分取引ではボリンジャーバンドの攻略法は複数ありますが、今回はエクスパンションを使う簡単な手法をご紹介します。

バンドウォークとエクスパンション

始めに±2σで推移するローソク足(バンドウォーク)を探し、エクスパンションするのを待ちます。

より強いトレンドで根拠のあるエントリーをするためには、エクスパンションが起こる前のレンジ相場が長ければ長いほど有効です。

短いレンジ相場ではダマシのリスクが高くなっています。

ボリンジャーバンドの攻略法
  • ①エクスパンションを確認
  • ②エクスパンション前のレンジ相場を確認
  • ③±2σに触れたのを確認
  • ④トレンド方向へ順張りエントリー

チャートを読むのに慣れていないうちは、バンドウォークしているのかエクスパンションしてるのか自信がないこともあるはずです。

そんな時は1本目のローソク足でエントリーをせず、2本目で問題ありません。

±2σから大きく離れた時はエントリーしない方がいいって本当ですか?

男性

本当です。±2σから大きく離れた時は、逆方向へ大きな動きを見せる可能性が高まっています。

【逆張り】RSI+ボリンジャーバンド

レンジ相場では逆張りエントリーがおすすめです。

ここでご紹介する5分取引の攻略手法は動きの少ないレンジ相場で有効に使えるものなので、レンジ相場であることは必須条件となっています。

RSIとボリンジャーバンドのエントリーポイント

ボリンジャーバンドは±2σを見ます。

ローソク足がボリンジャーバンドの+2σまたは-2σにタッチしているポイントがあれば、まずは第一の条件クリアです。

次にRSIを見て70以上または30以下であることを確認します。

上記のチャートであれば-2σにタッチしているので、RSIが30以下であればエントリーポイントになるということです。

2つの条件を満たしているのでこの場合はHighでエントリーをします。

かなりシンプルな攻略手法でも使えるのですが、経済指標の発表の前後1時間の取引は避けて活用してください。

転売を攻略するには?

転売を攻略するには

転売ができるバイナリーオプション業者なら5分取引の攻略に取り入れておきましょう。

基本的に判定時間の1分前までは転売をすることが可能で、ペイアウトはその時点での値幅によって決定されています。

通常は稼ぐための攻略としてはおすすめはしていません。

それでも利益をあげるための攻略法として転売を使いたいのであれば、動きのある通貨ペア・相場と相性抜群なので狙ってみてください。

値動きの激しい通貨ペア・時間
  • GBP/JPY:1日を通して荒れた相場になることが多い
  • EUR/USD:21時~22時の間に激しい値動きになることが多い
  • AUD/USD:アメリカの経済指標の発表で荒れやすい

満期まで待っていればより大きな利益を得られたという失敗や、損切りしなければ反転して勝っていたという失敗も少なくはありません。

リスクを考えると5分取引で稼ぐ攻略には勧めません。

バイナリーオプションの転売に関しては、以下の記事で詳細をまとめているので気になる人は確認してみてください。

バイナリーオプション5分取引の攻略についてのまとめ

中身を覗いてみると5分取引なら勝てる気がしてきます。

それでも投資なので簡単ということはないので、テクニカル分析や転売をうまく活用して上手に攻略して利益をあげていってください。

インジケーターの組み合わせも自分で追求してみてもいいかもしれません。

そんな時はリアルトレードでは資金がもったいないので、デモが使えるバイナリーオプション業者で練習をしましょう。

この記事を書いた人

 

石井 諒太郎

 

福岡県福岡市生まれ。福岡育ち。
 貧乏からの脱却の為投資を始めた。
退場を何回も経ては復活。現在はサラリーマンをしながら副業でバイナリーオプションに投資中。

 

趣味は温泉、テレビゲーム、投資のセミナー参加、読書。

ランキングに登場するBO会社はコチラ
バイナリーオプションのランキングに登場するおすすめ会社一覧

当サイトで、登場するバイナリーオプションおすすめ会社についての軽い詳細情報をまとめているページになります。各会社の情報を一括でご覧頂く事が可能となっているので、各バイナリーオプション会社のサービスを見たい方はコチラのページを参考にして下さい

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ