バイナリーオプションの効率的な練習方法!土日をうまく使おう

バイナリーオプションの練習

当記事で分かること
  • バイナリーオプションの練習方法
  • 練習後の実践方法
  • バイナリーオプションの練習アプリ
  • 土日取引出来る業者

「バイナリーオプションを土日に練習すべき」というアドバイスを耳にしたことはありますか?バイナリーオプションの取引は土曜日の早朝まで可能ですが、その後は取引ができません。そのため、土日を利用して効率的に練習することは、とても賢い選択です。

しかし、単に時間を使うだけではなく、「質の高い練習」を心がけ、実力向上を目指すことが重要です。この記事では、バイナリーオプションを効率的に練習する方法について詳しく解説しています。

おそらく皆さんがご存じのデモ取引も立派な練習になりますよ!

【あなたは信頼できる出金システムと稼ぎやすさを兼ね備えたバイナリーオプション会社を選んでいますか?】
最適なバイナリーオプション会社選びに迷っている方は、当サイトの「バイナリーオプションおすすめ会社ランキング」を参考にしてください。利用者の評価やサービス内容を比較し、あなたにとって最良の選択肢を見つける手助けをします。

バイナリーオプションの練習方法

まずバイナリーオプションの取引の練習方法には2種類あります。

練習方法
  • 平日にしか使えない練習法(実際の相場を使った練習)
  • 常に使える練習法(練習アプリ)

このように、常に使える練習方法と平日にしか使えない練習方法があるので、自分の仕事の休みや練習に使える自由な時間が取れる曜日と合っているか確認してみてください。

平日にしか使えない練習法(実際の相場を使った練習)

デモの練習は平日のみ

バイナリーオプションで取引される為替相場は、土日は市場が閉じており、実際の相場を使った練習は平日に限られます。例えば、多くのバイナリーオプション業者が提供しているデモ取引サービスを利用することができます。

デモ取引とは、仮想の資金を使用して実際のバイナリーオプション取引を無料で体験できるサービスです。

リアルな相場で練習ができるので手法の練習にはぴったりです!

\アカウント登録なし!今すぐ使える無料デモ機能を搭載!/

常に使える練習法(練習アプリ)

最近では取引の練習ができるアプリもたくさん配信されています。

練習アプリ

スマホやタブレットでアプリをダウンロードすれば、簡単に取引の練習ができるのです。

チャートに関しては、現実のものではなくシュミレーションにすることで土日でも練習ができるのはメリットですが、以下のようなデメリットもあります。

  • リアルではないので相場の推移を読み取る練習はできない
  • 練習できる通貨ペアや商品の種類が少ない
  • 勝てる通貨ペアの見極めの練習はできない
  • ツール購入やレクチャーなど詐欺アプリのリスクもある

中にはリアル相場を使った練習アプリもあるようですが、チャートにズレがあるなど正確ではないものが多いようです。

そのため、個人的にはアプリで練習をするのはあまりおすすめできません

土日を活用した効率的な練習方法はないのか?

デモは平日しか使えない、アプリもおすすめできないのであれば土日のバイナリーオプションの練習はできないじゃん!と思ったはずです。

でもそんなことはありません。

土日の取引ができない時間は、知識の吸収や振り返りに使うのです。

それぞれ詳しく解説します!

ローソク足をマスターする

まず初心者の人はMT4・MT5の過去のチャートを見てローソク足を読み取る練習から始めます。

ローソク足の種類
参照:マネックス証券

ローソク足は陽線と陰線があり高値・安値・始値・終値が分かるものと簡単に思っている人も多いようですが、トレンドの継続・休止・転換なども読み取るものです。

かなり奥が深いので過去チャートを見ながら知識をつけてください。

ストラテジーテスターで検証

取引ができない土日の活用方法としてぜひ行ってほしいのが、ストラテジーテスターを使ったチャートの検証です。

参考になる動画があったので貼っておきますね!

過去チャートで色々なバイナリーオプションの練習ができます。

例えば…

  • レジスタンスラインやサポートラインを引く力をつける
  • インジケーターを引いて手法を試せる
  • サインツールのサインの出た場所の検証…etc

ストラテジーテスターをビジュアルモードにしておけば、大事なポイントを重点的に見て練習をすることが可能です。

また、インジケーターの組み合わせを試したいときは、定形チャートを先に登録しておくことでインジケーターを毎回設定する手間が省けます。

次週の指標の確認や予想

練習と一緒に予習をしておくこともできます。

次週の経済指標の発表・重要な会議・要人発言などのスケジュールを確認し、過去のチャートの動きを見て予想をたてることが可能です。

重要な発表は記録にまとめてあるバイナリーオプション業者もあります。

国内バイナリーオプションの外為どっとコムには最も重要と言われるアメリカの雇用統計の振り返りがありました。

外為どっとコムの振り返り

発表された結果が予想に対してどうなっていたのか、発表時の相場はどうだったのかを月ごとに見ることができます。

より詳しく分析・予想がしたい時はMT4で発表時の過去チャートを表示させればオッケーです!

デモ取引を使ったバイナリーオプションの具体的な練習法

バイナリーオプションのデモは平日なら使うことができるので、空いた時間に練習をしておくと実力アップにつながります。

そこで、MT4・MT5でインジケーターを入れてテクニカル分析をしてみましょう。

インジケーターを組み合わせて分析・取引をして自分に合ったものを見つけておけば、実際の取引で勝率をアップさせることが可能です。

それぞれ詳しく解説します!

移動平均線+RSI

移動平均線は短期と長期の2本を表示させます。

RSIは通常70%と30%のラインで設定しますが、今回は分かりやすいように50%と30%のラインで設定をし、期間は14となっています。

移動平均線+RSI

この場合オレンジの短期移動平均線が黒の長期移動平均線を下から上に突き抜けているので、ゴールデンクロスと言い上昇トレンドのサインです。

ゴールデンクロスが出た時、RSIが50%を超えているかを見てください。

上記のチャートのようにゴールデンクロス発生+RSI50%以上であれば、強い上昇トレンドだと判断し順張りでエントリーをすることが可能です。

デッドクロス

反対に短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に突き抜けることをデッドクロスと言います。

デッドクロスが出た時、RSIが50%以下だった場合は強い下落です。

移動平均線とRSIを組み合わせて練習をする時は、まずはゴールデンクロス・デッドクロスを探しRSIの%を見てエントリーをしてみてください。

MACD+移動平均線

移動平均線はRSIと組み合わせて練習をする時と同じです。

次にMACDですが、短期12・長期26・シグナル3で初期設定されているはずなのでそのままで問題ありません。

ゴールデンクロス+0以上

ゴールデンクロスが出た時、MACDが0以上であれば相場は強い上昇トレンドだと判断します。

MACDのヒストグラムは上昇トレンドが終わりに近づいてくると、だんだんと高さが低くなっていくのでよく見ておいてください。

バイナリーオプションの練習をする時は、ゴールデンクロスを確認+ヒストグラムが0以上でHighエントリーです。

デッドクロス+0以下

反対にデッドクロスでヒストグラムが0以下の場合は強い下降トレンドです。

同じように下降トレンドが終わりに近づいてくると、だんだんと高さが高くなっていくので初心者でも分かりやすいインジケーターになっています。

バイナリーオプションの練習をする時は、デッドクロスを確認+ヒストグラムが0以下でLowエントリーです。

ボリンジャーバンド+RSI

RSIと一緒に今度はボリンジャーバンドを表示させます。

期間は20(21で分析を行うトレーダーもいるようです)、偏差は2で設定を行い見やすいカラーで入れておいてください。

ボリンジャーバンドとRSI

この場合はバンド幅が横ばいをしたあとに、バンド幅が大きくなり±2σを超えた地点でブレイク方向にエントリーをします。

RSIは70以上で強い上昇と判断し、30以下で強い下降と判断してください。

MACD+ストキャスティクス

ボックス相場で力を発揮するオシレーター系のストキャスティクスと、トレンド相場で力を発揮するトレンド系のMACDのペアは勝率アップには最強と言われています。

特に設定は変えずにMACDとストキャスティクスを入れてください。

MACD+ストキャスティクス

練習をする時はエントリーポイントをよく見極めます。

MACDとストキャスティクスをそれぞれに見た時に、どちらもゴールデンクロスまたはデッドクロスになっていればそこがエントリーポイントです。

実際に使っているトレーダーも多く勝率60%超えを達成した人もいる分析法になっています。

土日でも取引できる業者はどこ?

土日でもバイナリーオプション取引を希望する方には、仮想通貨取引がおすすめです。仮想通貨市場は休日を問わず、年中無休で24時間取引が可能です。しかし、仮想通貨を扱う全ての業者が土日に取引可能なわけではなく、そのオプションは限られた業者に限ります。

国内の業者の中で仮想通貨FXを提供している所はありますが、バイナリーオプションを扱っている国内業者は存在しません。土日も仮想通貨バイナリーオプション取引が可能な海外の業者は、限られた数社のみです。

それぞれの業者をご紹介します!

ブビンガ(Bubinga)

ブビンガバイナリー

ブビンガは最低取引額が1ドルという、海外バイナリーオプション業者の中で最も少ない額になっています。

小額から取引が可能なので「始めやすい」「バイナリーのハードルが下がった」という声が上がっています。

取扱い仮想通貨ビットコイン、Ethereum、Ripple、Crypto idx、Litecoin
ペイアウト率1.65倍~1.90倍(変動制)
取引方法コール(High)
プット(Low)
最低取引額1ドル
最低入金額5ドル
入金方法14種類

ブビンガの入金方法はクレジットカードや銀行送金といった一般的な方法を含め、仮想通貨での入金方法が豊富に揃っています。

注意点が一つあり、誰でも仮想通貨を使用した取引が行えるわけではありません。

一部の仮想通貨はブビンガが定めるアカウントランクに応じて使用出来るようになります

ゼントレーダー

ゼントレーダー

2018年にサービスを開始したゼントレーダーは、トレーダー重視を掲げている海外バイナリーオプション業者です。

安全性を疑われることの多い海外バイナリーオプション業者で、ゼントレーダーは金融ライセンスを取得しており安全性の高い業者であるといえます。

取扱い仮想通貨BTC/USD、ETH/USD、LTC/USD
ペイアウト率1.80倍~1.95倍
取引方法クラシック(15分、30分、1時間、2時間、4時間)
オンデマンド(30秒、1分、3分、5分)
最低取引額500円
最低入金額5.000円
最低出金額5.000円
入金方法クレジットカード
銀行送金(ターボ・Curfex)
仮想通貨
bitwallet

ゼントレーダーにはデモ口座がありますので、仮想通貨の取引に慣れていない方はデモ口座を試してから取引を始めるようにしましょう。

ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツでは18銘柄の仮想通貨を取り扱っています。

出金がとてもスピーディで、引き分けが払い戻しとなる点にもトレーダーから高い評価を得ています。

取扱い仮想通貨ビットコイン、Ethereum、Ripple、Cardano、PolkaDot
Link、Monero、Binancecoin、Cosmos、Avalanche
Polygon、NEARProtocol、TheSandbox、Solana
ペイアウト率1.68倍~1.83倍
取引方法ハイロー
WowFX
最低取引額500円
最低入金額5.000円
最低出金額5.000円
入金方法クレジットカード
銀行送金(ターボ・Curfex)
仮想通貨
bitwallet

ファイブスターズマーケッツにもゼントレーダーと同じくデモ口座が準備されていますので、まずはデモ口座を利用して使い心地を確かめてから取引を始めましょう。

用意されている仮想資金は10万円ですがもし使い切ってしまっても、再ログインで何度でも資金は復活します。

まとめ:バイナリーオプションの練習はいつでも可能

バイナリーオプションの練習法について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

バイナリーオプションの練習は平日でも土日でも可能です。

ただ、実際の相場でデモトレードをして練習をしたい時は平日にしかできないので、空き時間を活用して少しずつでも取り組んでみてください。

練習をする際はむやみやたらとエントリーをして数をこなすよりも、質の高い練習をした方がバイナリーオプションの力は身につくということを頭に入れておきましょう!