バイナリーオプション会社ランキングサイト
バイナリーオプション会社ランキングサイト

海外・国内バイナリーオプションの始め方ガイド

初心者必見!バイナリーオプション始め方ガイド

バイナリーオプション初心者が取引を始めようとする時、たくさんの業者があるうえに海外業者がいいのか国内がいいのかも迷ってしまうはずです。

どちらかを決めたとしても始め方が分からないという人も。

そこで今回はスムーズに始められるように、海外・国内バイナリーオプションの始め方ガイドを作成しました。

海外バイナリーオプションの始め方

海外バイナリーオプションの始め方

日本国外のバイナリーオプション業者で口座開設をして取引をするのが海外バイナリーオプションです。現段階では、国内より海外の利用者の方が多くなっています。

バイナリーオプションの国内規制が原因です。

トレーダー離れが起きたことで、割合としては海外バイナリーオプションが60%・国内バイナリーオプションが40%程度になっています。

国内バイナリーオプションよりも、メリットが多く稼ぎやすいのが海外バイナリーオプションです。

メリット ・超短期取引ができる
・ペイアウト率が固定
・ボーナスが豊富
・取引回数制限なし
・口座開設にテストなし
・少額所得なら税金を抑えられる
デメリット ・利用は自己責任になる
・出金に時間がかかることがある
・海外送金を使うと手数料が高い
・損失繰越ができない

業者選びさえしっかり行えば初心者でも利益は出せます。

業者選び

バイナリーオプションの始め方では業者選びは最重要項目です。

悪い業者に引っかからないため・稼ぎやすい業者を選ぶために以下のポイントを業者選びの時には確認してみてください。

  1. 運営歴・ライセンス・会社概要などの信用情報
  2. ペイアウト率や取引の種類
  3. 最低入金額・最低取引額・最低出金額
  4. 評判や出金トラブルの有無

他にも取引画面のクオリティデモ機能があるのかどうか、日本語サポートの有無も確認して業者選びをすると安心です。

海外バイナリーオプション人気No.1はハイローオーストラリアです。

口座開設

業者が決まったら次は口座開設をします。

口座開設

業者の公式サイトのフォームから口座開設を始めるのですが、テスト不要で営業日であれば当日中に手続きが完了する業者もあります。

口座開設では本人確認・住所確認書類が必要です。

本人確認書類 ・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・写真付き住基カード
住所確認書類 ・公共料金の領収書や請求書
・納税通知書

ただ、ハイローオーストラリアに限っては2020年1月から住所確認書類は不要となり本人確認書類のみで口座開設ができるようになっています。

口座開設のやり方もチェックしてみてください。

入金をする

口座開設をしたら入金をします。

バイナリーオプション業者によって用意されている入金方法がちがいますが、大きく分けると4種類あります。

①銀行振り込み
②クレジットカード
③電子決済サービス
④仮想通貨

クレジットカードや電子決済サービス・仮想通貨は入金反映がリアルタイムでとても早いです。

それぞれかかるコストが違うので事前に確認しておきましょう。

海外バイナリーオプションデビュー

これで取引が始められる環境の準備ができました。

口座開設をする前や手続きを待っている間の時間に、デモ機能がある業者ならお試しで取引をしてみることも可能です。

すごく簡単に始められる海外バイナリーオプション。

でも稼ぐためにはこれからの方が大変です。取引経験を積みながら手法や分析方法などを身につけていきましょう!

運に任せるギャンブルトレードは絶対にしてはいけません。

国内バイナリーオプションの始め方

国内バイナリーオプションの始め方

日本国内のバイナリーオプション業者で口座開設をして取引をするのが国内バイナリーオプションです。規制後、人気は低下しましたが根強いファンは残っています。

国内バイナリーオプション業者の強みは、高い信頼性と安全性が確保されているということです。

メリット ・金融庁への登録が必須で安全
・全額信託保全があり安心
・大きな利益では税金が有利
・入出金がスムーズ
・損失繰越ができる
デメリット ・短期取引ができない
・ペイアウト率が変動制
・口座開設時にテストあり
・損失や購入限度額がある

それでも規制によって判定時間が2時間おきになっているので、1日最大12回しか取引のチャンスはありません。

トレードの機会は海外よりも確保しにくくなっています。

業者選び

国内バイナリーオプション業者を選ぶときは、信頼性や安全性は規制により確保されているので使用感を重要視します。

最終的な総合スペックで比較して選んでみて下さい。

  1. 運営歴・会社概要などの信用情報
  2. ラダー取引・レンジ取引など取引の種類
  3. 取り扱い通貨ペアの数や回号時間
  4. 取引画面の見やすさ

他にも開催中のキャンペーンスマホアプリの有無なども事前に調べておくといいかもしれません。

国内業者は海外業者よりもアプリ対応率は高いです。

口座開設

業者が決まったら口座開設をしますが、国内業者の場合でも以下の書類の提出が必要になっています。

本人確認書類 ・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・写真付き住基カード
住所確認書類 ・公共料金の領収書や請求書
・納税通知書

違うところは口座開設に審査+知識のテストがあることです。

知識確認テスト

年収や保有資産などの条件をクリアして審査をパスして、テストも合格点を取らなければ口座開設をすることはできません。

審査落ちやテストに不合格をしても再申請は可能です。

審査落ち→年収や取引経験・資産を多めにする
テスト落ち→翌日以降に再テストが可能

テストは事前に金融先物取引業協会の参考問題で勉強ができます。

ただ、テストの本番ではヒントも表示されていて、調べながら回答することもできるのでそこまで身構える必要はありません。

入金をする

口座開設ができたら次は入金です。国内バイナリーオプションの入金は海外バイナリーオプションとは少し違う特徴があります。

基本的に国内業者はバイナリーオプション専門の業者ではなく、FXや株式などをメインとして運営をしています。

よってメイン口座からバイナリーオプション口座へ入金という流れになるのです。

【例】

  1. ①銀行→証券口座→バイナリーオプション口座
  2. ②銀行→FX口座→バイナリーオプション口座

国内ではほぼ100%の業者でクイック入金が使えます。

手数料が無料で口座への反映もリアルタイムなので、すぐに取引を始められるのは大きなメリットです。

国内バイナリーオプションデビュー

これで国内バイナリーオプションを始める準備は完了です。

審査などがあるためどうしても国内業者では口座開設までに2~3日時間がかかってしまいます。

でもそんな待ち時間も有効活用してください。

デモで取引の練習をしたり取引画面をマスターしておくのもひとつの方法ですが、手法やテクニカル分析を学ぶのもおすすめです。

バイナリーオプションの始め方まとめ

  1. バイナリーオプション業者の決定
  2. 口座開設申請+確認書類の提出
  3. 口座開設完了
  4. 入金
  5. 取引開始

この流れで海外・国内のバイナリーオプションの始めることができます。

初心者の人は特にそうですが、始め方を調べ必要な書類などを準備しておくことはムダな時間がなく効率がいいです。

国内業者を考えている場合はテスト勉強もしておきましょう。

この記事を書いた人

 

石井 諒太郎

 

福岡県福岡市生まれ。福岡育ち。
 貧乏からの脱却の為投資を始めた。
退場を何回も経ては復活。現在はサラリーマンをしながら副業でバイナリーオプションに投資中。

 

趣味は温泉、テレビゲーム、投資のセミナー参加、読書。

ランキングに登場するBO会社はコチラ
バイナリーオプションのランキングに登場するおすすめ会社一覧

当サイトで、登場するバイナリーオプションおすすめ会社についての軽い詳細情報をまとめているページになります。各会社の情報を一括でご覧頂く事が可能となっているので、各バイナリーオプション会社のサービスを見たい方はコチラのページを参考にして下さい

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ