バイナリーオプション会社ランキングサイト
バイナリーオプション会社ランキングサイト

バイナリーオプションの1日取引を攻略!頭脳戦が得意なら稼げる可能性大!

バイナリーオプション1日取引の攻略

あまりバイナリーオプションでは馴染みのない1日取引。

短い時間での取引が人気なのであまり取引をしているトレーダーはいないようですが、並行して活用している人は一定数いるのも事実です。

時間が長過ぎるので攻略がしにくいイメージが1日取引にはあります。

でも頭脳戦が得意なトレーダーにはぴったりの取引なので、1日取引で利益にプラスできるように自分なりの攻略法を考えてみてください。

バイナリーオプションの1日取引の概要

1日取引の特徴・概要

1日取引は対応している業者が少なくなっています。

他の取引のように多くの業者から選ぶことができないので、取引環境やペイアウト率・評判などの条件が1番いい業者を選ぶべきです。

時間の長い1日取引にはこんな特徴があります。

ペイアウト率 普通~低い
取引難易度 高くはないが攻略が必要
テクニカル分析 効きやすい
利益 小さい
利用者 少ない

取引時間が長い分、テクニカル分析も効きやすく難易度もそこまで高くないのですが、簡単な取引ではないので攻略は必須です。

バイナリーオプションというよりもFXを意識して取引をしなければいけません。

30秒・15分・1時間など色々な取引時間が選べるバイナリーオプションの中でも、1日取引は最長の取引時間となっています。

攻略しておけば効率のいい投資スタイルの確立が可能です。

気になる取引ではあるけど、1日取引って1日1回しかエントリーできませんよね?

男性

満期のペイアウトが受け取れるのが1回なだけで、転売を使ったりしながら何度も取引はできますよ!

1日取引のメリット

1日取引のメリット

利用人口が少ない=メリットが少ないという訳ではありません。

どうしても他の取引時間よりも長いことや転売を攻略するなどのスキルが必要になることから、サクッと取引ができる超短期取引の方が選ばれやすいだけです。

自分に合うのかどうかまずは1日取引のメリットを確認してみてください。

テクニカル分析が効きやすい

限られた短い時間の中で相場を分析するのはとても難易度が高いです。

でも1日という長い時間の猶予があると、テクニカル分析も効きやすく落ち着いて今後の値動きの予想をたてることができます。

短期取引 1日取引
・インジケーターが機能しにくい
・急な値動きに影響を受けやすい
・根拠のある攻略手法が少ない
・インジケーターが機能しやすい
・タイミングのズレの影響はほぼない
・根拠のある攻略手法が多い

わずか30秒や1分の時間ではインジケーターが機能する前に判定時間がきてしまいます。

明確な根拠を得ることができないままエントリーをしなければいけないことも多いことから、難易度が最も高いと言われているのです。

反対に1日取引は時間があるのでしっかりとインジケーターが機能します。

FXの攻略手法も参考にすることもできるので、本格的な相場分析を行い自信を持ってエントリーができるのです。

エントリーのタイミングがズレて負ける可能性も低くなっています。

転売で攻略できる

転売で攻略可能

基本的にバイナリーオプションでは転売はおすすめされていません。

便利な機能に見えて自ら損を選択してしまう可能性も高いからです。

転売とはエントリーをした後に判定時間がくる前に利確・損切りができる機能のことで、完備されている業者も多くなっています。

でもデメリットが大きすぎるのが残念なところです。

転売のデメリット
  • ・取引の攻略手法の期待値を下げてしまう
  • ・損益分岐点を超えていても損失になる可能性がある
  • ・普通に取引をする方が利益になる

確実に利益を積み上げていくなら転売はしないべきなのです。

でも1日取引の攻略手法として使うのであれば、デメリットを払拭することができるので有効活用できることが分かっています。

長い取引時間の中であれば損失のリスクも低いです。

どちらかというとFXの取引をしているような感じになるので、新しいバイナリーオプションの楽しみ方として転売はおもしろい攻略法だと言えます。

転売が有効活用できるなんて初めて聞きました!

男性

推奨できるのは究極の状況の時と1日取引です。

考えて冷静に取引ができる

ギャンブル化してしまいやすいのが短期取引の特徴です。

分析が効きにくく時間も短いのでどうしても勘に頼りがちになってしまい、熱くなりやすい人も多いことが原因になっています。

いきなり直感でエントリーをするまで重症化するケースも…。

でも1日取引ならエントリー可能時間も長く、途中で転売をして攻略することもできるので落ち着いた精神状態で冷静に取引ができます。

有利な環境で取引ができるのが1日取引なのです。

感情的になってムダな損失を出した経験がある人は多いですよね。

男性

メンタルは資金管理にも直結している重要なことなので、絶対に乱してはいけません。

1日中エントリーができる

満期のペイアウトは1回だけでも、エントリーは1日中できます。

チャンスがきた時にエントリーをして転売、またチャンスがきたらエントリーをして転売と何度でも取引を続けることが可能です。

もちろん状況に応じて判定時間まで待つこともあります。

自分の生活スタイルに合わせたり、狙った時間にエントリーをすることができるのは1日取引のメリットです。

判定時間まで待つのか、転売をするのかうまく戦略をたてる必要がありますね!

男性

テクニカル分析をして相場の動きを見ながら最も利益に近い攻略法を考えて取引をしてみてください。

1日取引のデメリット

1日取引のデメリット

トレーダーにとって有利な取引時間ではありますがデメリットも知っておくべきです。

3つあるのですが人によってはたいしたデメリットではないと感じることもあるようなので、自分にはどの程度の影響があるのかを一度考えてみて下さい。

取引回数が減る可能性がある

例え転売が有効でも短期取引と比較すると取引回数が減る可能性が高いです。

短期取引 1日取引
・1回の取引がすぐ終わる
・数回分の取引計画が1度にたてられる
・満期まで待つなら取引は1回のみ
・転売をするにもチャンスを待つ

エントリーをしてすぐに転売をするのではなく値動きを見て判断するので、それなりに時間がかかることが予想されます。

満期まで待つのであれば取引は1回です。

必然的に他の取引時間よりも取引回数が少なくなるは1日取引のデメリットですが、取引回数が多ければ利益が大きくなる訳ではありません。

損益分岐点にも関わってくるのでどう攻略するかが重要です。

1回の取引の利益は少ない

1日取引の攻略手法のメインは転売です。

転売では満期のペイアウト率を受け取ることができませんが、途中のペイアウト率はこのような条件を見て決定されています。

転売のペイアウト率
  • ・判定時間までの残り時間
  • ・エントリーをした金額からどのくらい離れているのか

もし1日取引の途中で予想したよりもかなり大きく上回っている状況だとしても、判定時間までの残り時間がまだまだ残っていればペイアウト率は低いです。

24時間の中で取引をするので残り時間が長い状況の方が多いため、1回の取引の利益はどうしても少なくなりがちになっています。

回避するには満期まで待つしかありません。

そうなるとメリットである転売で攻略するという手法が使えなくなるので、1回の利益が小さくなるデメリットは回避できない問題なのです。

経済指標の確認は必須

サラッと確認する程度に留めていることが多いのが経済指標です。

経済指標

掲載指標カレンダー:Yahoo!ファイナンス

アメリカの雇用統計や政策金利など相場に大きな影響を与えることが予想される発表の前後は取引を避ける人もいます。

でも超短期取引ではそこまで大きな影響を受けません。

ただ1日取引になると話は変わってきます。長い時間ポジションを持っている間に経済指標の発表にかかり、予想と反対方向へ急激に動くこともあるのです。

当日の発表スケジュールは抑えておかなければいけません。

そして経済指標ごとの攻略法も頭に入れておいて、できる限り損失にならないように気をつけて取引をする必要があります。

1日取引ではどうしても経済指標の発表と重なる機会が多くなってしまいますよね。

男性

値動きが激しくなる指標を避けたり、うまく利確にもっていけるように作戦をたてるなど自分なりに攻略することが重要です。

バイナリーオプション1日取引の攻略のポイント

バイナリーオプション1日取引の攻略ポイント

メリットもデメリットも理解した上で1日取引に挑戦するなら攻略ポイントを抑えましょう。

どのような戦略をたててエントリーをしていくかによって大きく勝率も変わってくるので、たかが戦略と侮ってはいけません。

朝にエントリーをする

エントリーをするタイミングはとても重要です。

なぜなら1日取引は長い時間で行う取引なので、短い時間でしかポジションを持っておけない状況でエントリーをしてもメリットを活かせないからです。

推奨エントリー時間 朝の早い時間帯

取引がスタートしてすぐの朝の早い時間帯にエントリーをしておくことで、転売で利確・損切りをするチャンスを増やすことができます。

時間に余裕がないと焦って誤った転売をしてしまうリスクも高いです。

利益を出すことができるチャンスを増やしてメンタルを乱す原因を排除するためにも、朝の早い時間でのエントリーをおすすめします。

レンジ相場は避けトレンド相場の順張りを狙う

バイナリーオプションの1日取引ではトレンドを意識します。

長い時間の中で取引をしていくので長期の相場の予想を重要視し、同じにトレンドの転換点も抑えていく攻略法です。

部分的ではなく全体的な分析が必要になります。

1日取引のポイント
  • ・トレンド相場を狙う
  • ・トレンドの転換ポイントを探る
  • ・利確や損切りの転売ポイントを探る
  • ・逆らわずに順張りでエントリーをする

あくまでも攻略ポイントなので、自分の手法に合わせてアレンジしてより効果的な戦略を探ってみることをおすすめします。

状況に応じて逆張りを使い利益を出しているトレーダーもいるようです。

細かい値動きに囚われすぎなくてもいいということですね。

男性

そうです!全体的な相場の動きを読むことがトレンド相場の順張り攻略のカギです。

転売を乱用しない

有効な1日取引の攻略法である転売も乱用すると無意味になります。

取引回数がどんどん増えるのに対してペイアウト率が低いので利確ではわずかな利益しか出ず、損切りの回数も多くなる可能性があるからです。

1日の取引結果を見ると大きな損失になることも。

ここぞと思った根拠のあるポイントでエントリーをして、しっかり流れを読んで転売で攻略をしていきましょう。

月曜日の朝が狙い目とは本当なのか?

よく紹介されている1日取引の攻略法が月曜日の朝を狙う方法です。

週明けの月曜日は「土曜日早朝の終値と月曜日の始値に窓開けが起こる」ため、週1回の大チャンスと言われています。

窓埋めを狙う攻略法

窓開けが起こるとローソク足は土曜日の終値に戻ろうとする傾向があるため、多くのトレーダーが狙っているポイントです。

窓閉めを狙えばいいと感じますが、そうではないので注意してください。

窓はあくまでもいつかは戻る可能性があるという空論ではあります。

相場には「埋めない窓は無い」という格言があります。
しかしながら、「窓」が開くということは、窓を開けた方向の勢力が強く表れたとテクニカル分析的には解釈できるもので、本来は窓を開けた方向に順張りで仕掛けるというのがセオリーです。

では、窓はどのくらいの確率で埋めるのかを、日経平均過去10年のデータを使って検証してみます。まずは、窓を開ける確率(ギャップアップ、ギャップダウンの確率)を調べてみます。

ギャップアップの定義は、前日のローソク足が陽線で、前日終値より高く寄付いた場合、 ギャップダウンの定義は、前日のローソク足が陰線で、前日終値より低く寄付いた場合とし、窓埋めは当日の高値と安値の間に窓埋めの価格(前日終値)が含まれることを条件としています。

・ギャップアップ、ギャップダウンの確率検証
検証データ:日経平均株価指数10年
2008年1月4日(始値:15,155.73円)~2017年12月29日(終値:22,764.94円)
検証日数:2451営業日

・結果
ギャップアップ:644日(26.3%)
ギャップダウン:611日(24.9%)
窓開け無し:1196日(48.8%)

約半数が窓を開ける確率となりました。
ギャップアップとギャップダウンでは、ギャップアップする確率の方が高くなっています。
これは日経平均が検証期間の2008年から2017年末までに、日経平均が約7,500円強上昇していることがその要因と考えられますが、検証期間の終了日を2014年7月11日(終値:15,164.04円)と、検証データの始値と変わらない期間にしても、ギャップアップ、ギャップダウンの比率はほぼ同じです。
これは、日経平均は前日終値と比べてギャップアップしやすい傾向があると考えられます。

次に、窓開け後、当日中に窓埋めした確率を算出します。

ギャップアップして当日中に窓埋めした日:644日のうち、273日(42.4%)
ギャップダウンして当日中に窓埋めした日:611日のうち、301日(49.3%)
当日中に埋まる確率は、ギャップアップ、ギャップダウン合算して45.7%になりました。

参考サイト:SBI証券

窓が閉まらないことも多くなっていました。

必ず閉まるとは限らないのに攻略を鵜呑みにしてバイナリーオプションの1日取引に取り入れてしまうと負けてしまう可能性があるのです。

そこで窓開けはレジサポラインとして活用することをおすすめします。

窓がレジスタンスになったケース

窓がレジスタンスラインとなりブレイクしています。

窓開けした価格帯が意識されることでローソク足が長くなっていると考えられるので、レジスタンスラインと判断することが可能です。

ブレイクは基本的にレジスタンスライン・サポートラインと共に存在します。

1日取引についてのSNSの投稿をチェック

メリット・デメリットや攻略法・注意点が分かったところで、Twitterでのバイナリーオプション1日取引の評判をチェックしていきましょう。

意外と投稿はあったので気になる人は見てみてください。

勝率が高いと評価している人も多いです。

将来的にバイナリーオプションだけではなくFXにも挑戦したいという人にすすめる声もあり、あまり悪い意見は見られませんでした。

安定した投資ができているトレーダーがたくさんいるようです。

1日取引に対応しているバイナリーオプション業者

1日取引ができるバイナリーオプション業者

対応していない業者も多い中、取引ができるのは以下の3社です。

取引環境やペイアウト率から考えると、1日取引でおすすめできるのは個人的にはハイローオーストラリアでした。

取引時間 ペイアウト率 スプレッド取引
ハイローオーストラリア 午前7:00~翌午前6:00 1.95倍 あり
ペイアウト率:2.00倍
ザオプション 午前7:00~翌午前6:00 1.80~1.85倍 なし
ファイブスターズ 平日24時間 1.74倍 なし

ザオプションやファイブスターズマーケッツは1日取引のペイアウト率が低いです。

総合的に見てハイローオーストラリアがおすすめできるのですが、スプレッド取引ではなく通常の取引を選択した方がリスクは小さく済みます。

価格差がでやすい取引なのでスプレッドが広めの設定だからです。

紹介した3つのバイナリーオプション業者はすべてデモ機能が完備されているので、どのくらい取引環境や利益に差がでるのか試してみてください。

バイナリーオプション1日取引の攻略についてのまとめ

以上バイナリーオプションの1日取引の攻略についてご紹介しました。

じっくりと長い取引時間の中で裁量トレードをしていくので、初心者でも比較的挑戦しやすい取引になっています。

ただ転売のスキルは必ず持っていて欲しいものです。

空いている時間でデモで1日取引の練習をしてみて、コツを掴んでからリアルトレードを初めてみてください。

この記事を書いた人

 

石井 諒太郎

 

福岡県福岡市生まれ。福岡育ち。
 貧乏からの脱却の為投資を始めた。
退場を何回も経ては復活。現在はサラリーマンをしながら副業でバイナリーオプションに投資中。

 

趣味は温泉、テレビゲーム、投資のセミナー参加、読書。

ランキングに登場するBO会社はコチラ
バイナリーオプションのランキングに登場するおすすめ会社一覧

当サイトで、登場するバイナリーオプションおすすめ会社についての軽い詳細情報をまとめているページになります。各会社の情報を一括でご覧頂く事が可能となっているので、各バイナリーオプション会社のサービスを見たい方はコチラのページを参考にして下さい

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ