バイナリーオプション会社ランキングサイト
バイナリーオプション会社ランキングサイト

バイナリーオプション30秒を攻略!最高難易度の取引で稼ぐためのポイント

バイナリーオプション30秒取引の攻略

超短期取引として人気の30秒取引。

多くのトレーダーが取引をしているイメージがありますが、実は勝率の高いトレーダーやプロのトレーダーは避ける人も多い取引でもあるんです。

バイナリーオプション初心者の人は魅力の裏に隠された落とし穴をまずは知っておきましょう。

短期取引の中で最高難易度と言われる30秒取引の特徴やメリット・デメリットから、攻略をして稼ぐためのポイントまでまとめてみました。

空いた時間にサクッと取引ができるのが魅力ですよね!

男性

それは間違いないですが、取引をする前にもっと知っておいてほしいことがあるんです。

当記事で分かること
  • ・30秒取引の概要
  • ・30秒取引のメリット&デメリット
  • ・30秒取引の攻略法

バイナリーオプション30秒取引の概要

30秒取引の特徴

極端に短い取引時間である30秒取引は国内バイナリーオプションでは取引できません。

厳しい規制強化の影響で最低2時間が経過しないと判定時間を迎えることができないため、海外バイナリーオプションで取引をするしかないのです。

わずかな時間で投資ができる30秒取引の特徴をまとめてみます。

ペイアウト率 高い
取引難易度 高い
テクニカル分析 効きにくい
利益 大きい
利用者 多い

1分未満の超短時間でテクニカル分析をして予想をたてなければいけないので、取引の難易度が最も高い取引なのです。

その分ペイアウト率は高く利益も大きくなっています。

取引をしているトレーダーは多いのですが意外と初心者~中級クラスの人が多く、上級者~プロの人は状況に応じて取引をするケースが多いです。

その理由は30秒取引のメリット・デメリットにあります。

確かに勝ったと思ったのに負けた経験が何回もあります。

男性

なかなか予想通りにはいかないので、軽い気持ちでエントリーをすると失敗しますよ。

30秒取引のデメリット

30秒取引のデメリット

残念なことにバイナリーオプションの30秒取引のデメリットは致命的なものが多いです。

勝敗・損益に直結するようなマイナスポイントが多いので人気の取引でも、慣れているトレーダーは避ける人が多くなっています。

テクニカル分析が通用しにくい

わずか30秒の間に行われる取引はとても少ないです。

そうなると取引量も少なくなってしまうのでちょっとしたことが引き金になって、相場が大きく動くことも珍しくはありません。

それでも攻略をする場合はMT4を使って分析をします。

30秒のローソク足はない

でもここでもデメリットの壁にぶつかるのです。MT4にはバイナリーオプション30秒取引の分析に必要な10秒単位のローソク足は存在しません。

MT4・MT5は本来はFXのために作られたツールです。

<バイナリーオプションの超短期取引に対応できなくて当然なので、今のところどうしてもの時は10秒足が表示できるアプリの活用で解決されています。

秒単位のチャートが使えるアプリ

ただ時間足がクリアできてもテクニカル指標が少ないこともあります。

他にもアプリを使うための登録の手間や操作性・動作スピードなど、30秒取引の分析ツールとして活用できるかのチェック項目は複数あるのです。

男性

ここまでの手間をかけたくないと根拠のないエントリーを繰り返して損失が膨らむケースも少なくはないんです。

それだとただのギャンブルですよね。

ノイズが発生しやすい

取引時間が短ければ短いほどノイズは発生しやすくなります。

ノイズとは一瞬だけ売りや買いへの反応で大きな値動きを見せることで、30秒取引の1番の敵とも言われているほどです。

ノイズ

ストンと直角に動くことが多く突発的な値動きなので、ここあたりでノイズが起こるなんて予想をすることもできません。

運良く勝てることもあるようですが、損失になるケースが多いです。

攻略法としてノイズの直角に値動きをしたタイミングでエントリーをすれば勝てると紹介されていましたが、全然うまくいかず運取引になってしまいました。

跳ね上がった時:Lowエントリー
ガクッと下がった時:Highエントリー

ノイズの攻略の難しさは上記の条件でデモ取引をしてみると分かりやすいです。

ずっとノイズの発生を待ってチャートを見ていないといけないため片手間ではできません。予想もつかないのでずっと緊張が張り詰めた状態が続くのです。

短時間で大きな損失になるリスクがある

わずか30秒で結果が出るので次々にエントリーをしてしまう人も多いです。

でも分析の難易度が高く今後の値動きの予想がしにくい30秒取引の勝率は、いくら凄腕のトレーダーであっても高いものではありません。

考えもなしにどんどんエントリーをして短時間で大きな損失になることもあります。

・連敗で悔しくなって感情エントリー
・勝つまでやめられない
・損失を取り戻すまではやめられない

こんな負のループに迷い込んでしまったら、もうあとは投資資金が大幅になくなる・ゼロになることでしか正気に戻れない人も出てきてしまいます。

1回の取引が30秒なので負けている時の損失の膨らみ方も早いです。

メンタルが乱されないように気をつけないといけませんね!

男性

メンタル管理と資金管理の徹底は30秒取引の必須条件です。

誤情報や詐欺が多い

攻略が難しい取引なので注目度は高く検索をするとたくさんの情報が出てきます。

そこをついたのが「ツールの販売業者やアフィリエイト業者」で、30秒取引をエサにして利益をあげようとしているのです。

本気で投資で資産運用をしている人には迷惑でしかありません。

30秒取引の攻略法を紹介しつつ「使ったのはこのツールです」と紹介し、あたかも勝てるかのように誘導して購入させる手口です。

詐欺で有名な中にSBAサインツールというツールがあります。

勝率90%を謳っているのですがプロトレーダーでも難しいレベルで胡散臭いです。

さらに公式サイトでははっきりとした根拠が説明されていないうえに、ツールも平均足やストキャスティクスなど無料で使えるものばかりになっていました。

このように誤情報や詐欺業者が後をたたないのは大きなデメリットです。

明らかに嘘だと分かる情報やツールも多いですよね。

男性

基本的にお金が絡む情報やツールは無視して、レクチャーも無資格者のはずなので関わらないようにすれば安心です。

30秒取引のメリット

30秒取引のメリット

許容範囲を超えるデメリットが多いバイナリーオプションの30秒取引。

では何がメリットになるのでしょうか。特にデメリットをひっくり返すような大きなメリットはなく、推せるポイントとしては2つでした。

短時間で取引が終了する

1番の魅力は取引に時間を取られないことです。

投資に挑戦してみたいけど仕事・家事・育児・学業などで十分に時間を取ることができないという人にはぴったりの取引時間となっています。

30秒取引のメリット
  • ◆仕事や学校の行き帰りで取引ができる
  • ◆休憩やお昼休みを使って取引ができる
  • ◆子供が幼稚園や学校でいない間やお昼寝時に取引ができる
  • ◆家族が寝てしまった夜中にも取引ができる

すぐに結果がでるのでスキマ時間に投資ができるのはメリットです。

ただ取引難易度や損失のリスクから考えると、もう少し投資に使える時間を確保して安定してエントリーをした方が利益に繋がりやすくなります。

男性

場所や時間を選ばないのはいいことですが、スマホ取引はすごくやりにくいので注意が必要です。

男性は手が大きいので誤タップエントリーなどの失敗はよく聞きます。

ペイアウト率が高い

多くのトレーダーが惹かれるのは30秒取引のペイアウト率です。

どのバイナリーオプション業者も他の取引時間よりも高いペイアウト率で設定されていて、取引の難易度を窺い知ることができました。

ハイローオーストラリア 2.30倍
ザオプション 2.00倍
ファイブスターズマーケッツ 1.80倍
トレード200 ×
ソニックオプション 2.20倍
ザバイナリー 2.05倍
ゼントレーダー 1.95倍
ジェットオプション 2.01倍
fxbinary 1.70倍
ワールドクリプトバイナリー ×
bitodds ×
スペクター 1.90倍

ペイアウト率が2倍以上で設定されている業者が5社もあります。

ここでメリットに捉えてしまうのは危険です。ペイアウト率が高い=勝ちにくい取引なので、いつか勝てるで安易に取引をしないようにしましょう。

バイナリーオプションはFXのように1回で莫大な利益がでることはありません。

安定した勝率でコツコツ利益を積み上げていく必要があるので、自ら勝ちにくい取引をわざわざ選ばなくてもいいかなというところです。

確かにこれなら30秒じゃなくてももう少し時間が長い取引で分析難易度を下げて勝率を上げた方が効率的ですね。

男性

そうなんです。だからしっかりとバイナリーオプションがどんなものか分かっている人は30秒取引を避ける人が多くなっているのです。

トレーダーからの30秒取引の評判

ではトレーダーのリアルな意見も参考にしてみましょう。

今回はTwitterに投稿されているバイナリーオプションの30秒取引に対するリアルな評判をピックアップしてご紹介します。

勝っていますという意見もあるのですが、反対派が多い感じです。

実際にリアルやデモで取引をして勝つことの難しさを知ったという人が多く、そんな人からは1分や5分取引がおすすめされていました。

やはり取引難易度の高さは有名なようです。

バイナリーオプション30秒取引の攻略

例え難しいとしても30秒取引を攻略したいのであれば自分なりの戦略が必要です。

少しでも効果的な戦略がたてられるようにポイントを3つご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

スプレッドのあり・なしを使い分ける

バイナリーオプション業者によってスプレッドの有無の選択ができます。

30秒取引のスプレッドの有無

例えば1番人気のハイローオーストラリアであればスプレッドなしがTurbo取引、スプレッドありがTurboスプレッド取引です。

その時点でのボラティリティで選ぶと効果的だと言われています。

ボラティリティが大きい:Turboスプレッド
ボラティリティが小さい:Turbo

要するに今の相場の状況が大きな利益を求めてもいいものなのかをチャートを見て判断することで攻略をしていくということです。

初心者にはなかなか難しいかもしれません。

ただ、スプレッド取引になるとペイアウト率が極限まで高くなることはメリットですが、勝率はかなり不安定になるので注意が必要です。

男性

ボラティリティの判断ができるスキルは必須だということです。

やっぱり初心者には攻略は難しそうですね。

インジケーターは組み合わせてダマシ回避

30秒取引ではどうしてもダマシが悩みのタネです。

特に移動平均線のみ・ボリンジャーバンドのみなど、インジケーターを単品で使っている時に多くなる傾向があります。

そこで複数を組み合わせて補強して分析をするのです。

代表的なバイナリーオプション30秒取引で使われているインジケーターの組み合わせは【移動平均線+RSI】となっています。

移動平均線とRSI

ゴールデンクロスやデッドクロスでトレンドの転換ポイントを狙って取引をするのですが、発生も多くダマシの可能性も高くなっています。

そもそもすべてのポイントでエントリーするのはリスクが高すぎです。

そこで活用できるのがRSI。70%と30%のラインを見て、買われすぎ・売られ過ぎを判断し分析のプラスαの材料にします。

移動平均線はオシレーター系と相性がいいです。

RSIの他にもMACDと移動平均線を組み合わせてバイナリーオプションの30秒取引の分析をしているトレーダーも多くいます。

基本はトレンド相場での順張りで攻略

スプレッドがあるのでどうしても大きな値動きが必要な取引です。

そうなると狙うはやはりトレンド相場。30秒に最も近い1分足またはその他業者のより短い時間足を使って分析をします。

ポイントは確定足で直近高値・安値を更新したらエントリーをすることです。

動画のコメントには上記の30秒順張り攻略法を試してみたら7連勝で38万円の利益が出たという人もいました。

まずはデモで試してみる価値はある手法です。

私も試してみましたが3連勝でした!

男性

インジケーターや分析方法でも変わってくるので自分にあった方法を模索してみましょう!

30秒取引に合う通貨ペアを選ぶ

デメリットとしてノイズや引き分けをご紹介しました。

一瞬だけチャートが大きく動くノイズ・値動きがまったくない引き分けのリスクを考えると、基軸通貨での取引がおすすめです。

基軸通貨とは

世界の為替相場の中心となる通貨のこと。現在は米ドルです。

世界各国の外国為替市場(インターバンク市場)では、一般的に世界中の通貨間でそれぞれ為替取引が行われているわけではなく、基軸通貨である米ドルを中心に取引が行われています。
そして、それぞれの通貨間の為替相場は、各通貨の対米ドルレートを組み合わせて決められています。

例えば、ブラジルレアル/円レートは米ドル/円レート(上図A)と米ドル/ブラジルレアルレート(B)から決まります。同様に豪ドル/円レートは米ドル/円レート(A)と豪ドル/米ドルレート(C)から決まります。 このように米ドル以外の対円為替レートは、米ドル/円と対象通貨の掛け合わせで決まります。米ドルを経由した円と他の通貨のレートをクロスレートと呼びます。

参考サイト:三井住友DSアセットマネジメント

通貨ペアの他にも取引をする時間帯にも気をつけてみてください。

安定して勝つなら30秒より1分・3分・5分

30秒より長い時間の取引の方がおすすめ

どう考えても30秒取引は難しいです。

分析に使える時間がほとんどないので効きにくいのが最大のデメリットで、安定して勝てる取引とは言えません。

どうしても短時間で取引がしたいなら30秒より少しでも長い時間を選ぶべきです。

時間が長くなればなるほどテクニカル分析が効きやすくなっていくので、ムダな損失やダマシ回避にもつながっていきます。

各取引の攻略法については以下を参考にしてください。

バイナリーオプション30秒取引の攻略のまとめ

できれば一定のスキルがあって相場の状況が適切な時に取引したいのが30秒です。

ネット上にはたくさんの「バイナリーオプション30秒取引攻略手法」が存在していますが、ほとんどが明確な根拠がなくリスクが高いものになっていました。

基本的にトレンド相場の順張りと覚えておいて下さい。

ペイアウト率の高さだけに注目して取引をしてしまうと痛い目にあうので、30秒取引についてしっかりリサーチして挑戦しましょう。

この記事を書いた人

 

石井 諒太郎

 

福岡県福岡市生まれ。福岡育ち。
 貧乏からの脱却の為投資を始めた。
退場を何回も経ては復活。現在はサラリーマンをしながら副業でバイナリーオプションに投資中。

 

趣味は温泉、テレビゲーム、投資のセミナー参加、読書。

ランキングに登場するBO会社はコチラ
バイナリーオプションのランキングに登場するおすすめ会社一覧

当サイトで、登場するバイナリーオプションおすすめ会社についての軽い詳細情報をまとめているページになります。各会社の情報を一括でご覧頂く事が可能となっているので、各バイナリーオプション会社のサービスを見たい方はコチラのページを参考にして下さい

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ